ライトロックフィッシュゲーム アフター狙いは今後に期待【白杉漁港】

ライトロックフィッシュゲーム アフター狙いは今後に期待【白杉漁港】

3月8日、京都・舞鶴の白杉漁港へ根魚狙いのライトロックゲームに出かけた。そろそろ産卵後で口を使ってくれるのではと期待して出かけたが、アタリは散発的なうえまだ抱卵している個体もあって、キープは2匹どまりの結果に。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

白杉漁港でライトロックゲーム

当日は月曜に振替休日をとっていたため、オールナイトで楽しむために20時過ぎに自宅を出発。約2時間で釣り場に到着した。今回、白杉漁港を選んだのは、自宅から比較的近い日本海側の釣り場であったため。この時期実績があるわけでも、いい釣果情報が出ていたわけでもない。

日曜日の夜中ということもあり、波止に釣り人は一人。少々不安だが、根魚なら釣れるだろうと、準備を始めた。

タックルは、ライトゲームロッド1.8mに2000番のリール、ラインはエステル0.2号、リーダーはフロロ3lb、0.8gのジグヘッドにストレート系のワームを刺し、とりあえず波止の際に落とし込んでみる。

ライトロックフィッシュゲーム アフター狙いは今後に期待【白杉漁港】白杉漁港の釣り場(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

壁際をリフト&フォール

2回目のポイントということもあり、足元の状態はよく分からないが、底まですとんと壁になっているようだ。ただし、壁には海藻や貝が付着していて、たまに引っ掛かる。根魚が付くとしたらこういった障害物周りだろう。リグが引っ掛からないぎりぎりの位置をサミングしながら落とし込み、着底したらゆっくり巻き上げてくる。

釣れる時は案外すぐに反応があるのだが、この日は30分ほど探っても一切反応なし。あまりに反応がないので、沖へキャストしてもみたが、状況はかわらなかった。そのうち先に来ていた釣り人も、釣れないのか帰っていった。

1匹目はガシラ20cm

ポイント移動の候補を考えながら再び足元の壁際を探っていると、波止の先端付近の外向きでクンッと待望のアタリ。素早くフッキングして巻き上げると、20cmあるなしのガシラ(カサゴ)が姿を現した。ようやくの1匹目である。

ライトロックフィッシュゲーム アフター狙いは今後に期待【白杉漁港】1匹目のガシラ(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

そして、ここからしばらくは連発とまではいかないが、ポツポツとヒットした。次の1匹はフォール中のリグが止まるアタリをアワせてヒット。掛けた瞬間沖に走ったのでガシラではないと思いながら取り込んだのは、小さいながらもソイであった。

ライトロックフィッシュゲーム アフター狙いは今後に期待【白杉漁港】ソイもヒット(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

ドラグ滑らせ良型ガシラも

続いてゆっくり巻き上げていたリグに小さくコツンというアタリ。あまりに微妙だったのでアワせるのが遅れてしまったが、うまくフッキングも決まった。そしてその瞬間、かなりの重量感がサオに乗って、チリチリとドラグが滑る。一瞬何が掛かったのか分からなかったが、海面に姿を現したのは良型のガシラであった。

ライトロックフィッシュゲーム アフター狙いは今後に期待【白杉漁港】ドラグを滑らせた良型(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

この後小型のガシラとメバルを数匹仕留めたが、午前4時前には再び反応がなくなったので、ここで納竿することにした。

最終的に最初に釣れたガシラとソイをキープし、小型と抱卵した良型はリリースして帰途に就いた。

ライトロックフィッシュゲーム アフター狙いは今後に期待【白杉漁港】リリースしたメバル(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

例年2~3月は一年で最も水温が低くなる時期で釣りものが少ないが、波止の根魚狙いなら手軽で釣果も有望。ルアー入門にもピッタリのターゲットなので、挑戦してみてはいかがだろう?

<中西/TSURINEWS関西編集部>

▼この釣り場について
白杉漁港

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。