ワクワクが止まらない!親子で始める川釣りの魅力と道具のそろえ方

ポカポカ陽気になる春以降、川の魚達が活気づく季節です。きっとそこには、ワクワク、ドキドキする出会いがあること間違いなし!
「川の釣りをしたことがない!小さい頃少しやっただけだし……」
そんなこんなで川とは縁遠いお父さん、今年こそはお子さんと魚釣りをはじめてみませんか。まずは気軽に始められる簡単な中流域の川釣りからでOK。その魅力と、川釣りをスタートするための釣り道具をご紹介します。

渡辺 友弘 渡辺 友弘

淡水の釣り 渓流釣り

釣りが初めての方は中流域で釣りをしよう

中流域の代表格ウグイ。簡単に狙えるターゲット。

まずはどんな川に出かけたらいいのでしょうか。そう、川釣りといっても、上流域から中流域、そして下流域、海の近くの河口域などさまざま。

そこで今回おすすめするのが「中流域」です。中流域がなぜおすすめなのか、それはアクセスがしやすく、釣れる魚の種類が豊富なんです。

車で川の土手沿いに停車をして、長靴ですぐに川へ向かえるので、特別な装備は必要なし。Goodですね!

中流域で釣れる魚たちは種類もいっぱい!

見て下さい、こんなヘラブナもお目見え!

ぽかぽか陽気に誘われて、春はたくさんの魚と出会うチャンス。特に中流域は、魚種も豊富です。

中流域を代表する魚といえば、画像にもあるウグイちゃん!全長は15cm~40cmほどにもなり、基本的には一部地域を除く日本全国生息しています。甘露煮にしてもうまい魚です。

この他にも、虹色の婚姻色がきれいなオイカワくんや淡水釣りの人気者ヘラブナくん、産卵期に独特の色合いをはなつカワムツくんなど本当に種類豊富。

ヘラブナも専門的に狙うと難しい魚ですが、何がかかってもOKな釣りなら中流域は何かしらの魚が釣れてくれるので飽きません。

中流域で釣り体験すれば、だいたいのイロハは掴めてくると思います。
やり方がわかってくると、価値の高い魚も釣ってみたくなってきます。

上流域の渓流の女王と呼ばれるヤマメや骨酒でも有名なイワナを狙ったり、また下流域ではハゼテナガエビと触れ合うことも可能です。

川釣り入門には、中流域がぴったりなんです

川釣りを楽しめちゃう道具をそろえよう!

1.帽子、2.リュック、3.タモ、4.竿、5.餌(チューブ)、6.オモリ、7.仕掛けセット、8.遊漁券

親子で川の釣りをしたいけど、何からそろえて良いのかわからない!

でも安心して下さい。中流域で行う川釣りは、とってもシンプル。サオとイトとオモリとウキとハリだけ。画像を参考にして購入してみてくださいね。

中流域におすすめ竿

中流域のサオは、そこまで難しく考えず、釣具屋さんで「川でウグイなどを釣りたいんですが……」と頼めば、ベストなサオを選んでくれるはずです。以下も参考に選んでみてください。

【竿のタイプ】
清流竿やハエ竿(またはハヤ竿)と呼ばれるものがベスト。今後渓流釣りをしたい方などは渓流竿で代用してもOKです。

【竿の長さ】
5m~6m前後がベスト。あまり短いと釣りをできる場所が限られてしまいますし、長い竿は扱いにくいです。

【価格帯】
価格は5,000円前後のリーズナブルな竿でOK。最初から高い竿を購入すると、意外とトラブルも多いのです。

【竿の硬さ】
竿の硬さは、やわらかすぎず硬すぎない中硬や硬調がおすすめ。
安価なハエ竿はそれほど性能を気にする必要はなく、あまり深く考えなくても大丈夫ですが、あえて目のつけどころをあげるならば、軽いものを選びましょう。
軽いほうが、釣りをする際に手が疲れません。

面倒いらずの簡単仕掛けセット

釣り具屋さんにいけば、たいていこのようなお手軽川釣り仕掛けが市販されています。

川釣りが初心者のうちは、川釣り用の「仕掛けセット」を購入するだけでOKです。仕掛けセットは、イトとオモリ、ハリ、ウキが全てセットになっていて、サオに仕掛けを結ぶだけで速攻釣り開始できちゃいます。

しいていえば、ハリスの太さは0.6号クラスのセットが良いかもしれません。あまりイトが太いセットだと、小さい魚が釣れないことがあるんです。
仕掛けセットの価格は、選ばなければ200円ほど!やすいっ。

仕掛けセットの裏面には、仕掛けのセット方法が記載されている商品もあり、誰でも簡単に釣り竿にセットできるかと思います。まさに初心者の方には嬉しいポイント。

予備のオモリも購入しておこう

オモリには噛み潰してイトに固定するガン玉タイプや、手でちぎって使える板オモリなど様々な商品があります。

基本的にオモリは仕掛けセットに備えついているのですが、水深や川の流れによっては予備のオモリを持っていると川の流れに合ったカスタマイズが可能に。

釣具屋やネットショピングでも200円もしない価格で「ガン玉セット」を購入できますから、買っておくと便利です。

日差しよけや怪我の防止にキャップを用意!

直射日光を浴びることの多い釣りでは、日焼け防止や釣り針が頭部に刺さるなどのトラブルを回避する意味でも、キャップを用意しましょう。

特に、お子様の肌は弱いことも多いですから必ず持参してくださいね。

エサは市販のものでOK

たいていの魚は大好物の川虫、クロカワムシ。

中流域の魚を釣りたい場合は、市販の「練りエサ」で十分釣れます。万能練りエサ『九ちゃん/マルキユー』は、水でこねてだんご状にして針につけるだけなのでおすすめ。

また携帯性の良い「チューブタイプの練りエサ」もありますから、このような商品を購入するのもありです。ただ、チューブタイプの場合には、やわらかいのであまり流れがあるフィールドには向きません。

どれを購入して良いかわからない場合は、釣り具屋さんのスタッフに聞いてみてくださいね。

その他、虫が苦手でない方は、現地調達もあり!

川虫なら、普段魚の主食ですから、間違いなく食べてくれますよ。水通しの良い、川石をひっくり返せば、気軽に川虫をゲットできます。

ちょっとグロテスクですが、上記画像は「クロカワムシ」というエサです。
中流域の魚や渓流魚も大好物な万能エサです。

釣りには遊漁券が必要です

川で釣りをする場合には、河川を管轄する漁協組合が発行している「遊漁券」が必要になります。

遊漁券には、その日のみの釣りに有効の「日釣り券」と1シーズン利用できる「年券」と呼ばれるライセンスがあります。

これらの遊漁券を購入せずに釣りをすると「罰則」の対象になりますし、何よりも遊漁券の料金は資源維持費にあてられ、魚の保護や放流事業などにも活用されているので、釣り人は必ず購入しましょう。

また、遊漁券を購入したらベストやリュックなどわかりやすいところに身につけて釣りをしましょうね。

管轄の遊漁券がわからない場合は、漁協・釣り具屋さん・コンビニなどに確認すると良いですよ。

さあ実際に川釣りをしよう!

流れる川面を見つめているだけでも楽しいものです。

中流域の釣りで使用する道具もわかりましたし、あとは仕掛けセットを穂先に装着すればすぐに釣りを開始できます。ウキを使用しているので、流れがゆるい場所を選べば、ウキを流れに乗せて、あとはアタリがくるのを待つのみです。

ウキが沈んだり横に動いたり、不審な動きがあったら魚が喰いついた証拠、アタリです。
すばやくサオを立てて魚を水面まで浮かせて手元に寄せてきましょう。
魚は空気を吸うとおとなしくなります。

いかがでしたでしょうか。
まずは、近くの釣具屋さんに行って、気軽に釣りに行ける河川を探してみてくださいね。春の魚たちと出会って、親子で川釣りを楽しみましょう!

  

この記事を書いたライター

渡辺 友弘

渡辺 友弘

渓流釣り歴は、かれこれ16年。延べ竿での釣りが得意ですが、管理釣り場でのルアーフィッシングやライトソルト、シーバスなども。わかりやすく釣りの魅力・楽しさを発信していきます。