シーズン終盤の『カットウ』釣りで1kg級含みフグ9尾【忠彦丸】

シーズン終盤の『カットウ』釣りで1kg級含みフグ9尾【忠彦丸】

1月25日(土)、同僚2人と忠彦丸でカットウフグ釣りに出かけた。シーズン終盤らしい状況ではあったが、1kg級のヒガンフグなど船中トップ9尾の釣行に。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・竹田和弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

忠彦丸でカットウフグ釣り

1月25日(土)7時半に忠彦丸で出船。左舷に2人、右舷は私たち3人が胴の間寄りに並び、ほかにも3人の釣り人がいるだけで、土曜日にしては、釣り座に余裕があった。

波が高く、船中にいないと波をかぶる状況のなか、15分ほどで最初の釣り場に到着。沖目の魚礁周りを狙うようだ。

私は自作のチラシカットウ仕掛けでスタートして、アタリが少なければノーマルの自作カットウに切り替えて狙う作戦。開始早々、船中1尾目が上がったようで、集中する。

早々に本命ゲットも単発

2投目、底を取り、風と波に苦戦しながらも、「ゼロテンションで3秒ステイ→空アワセ」を繰り返す。着底の瞬間に集中すると、すぐにコッとアタリがあり即アワセでハリ掛かり。しっかりカットウバリが掛かっているのを確認して引き上げると、本命のヒガンフグ。

「きょうは調子がいいぞ」と思っていたがその後が続かず、沖のポイントから風裏の湾奥のポイントへ移動。すぐに風が吹き、潮も動きだすと船中ポツポツと上がりはじめる。

ゼロテンションで1kg級ヒガンフグ

ゼロテンションで長めに待って竿先に集中していると、竿先にでた小さいアタリを確認して、即アワセ。ズシッとした重量感で、1尾目よりも大きそう。

海面に姿を現したのは、丸々と太った本命。竿を持ち替えてタモを持ち自ら取り込み、約1kgの極太をゲット。

シーズン終盤の『カットウ』釣りで1kg級含みフグ9尾【忠彦丸】良型に笑顔の筆者(提供:週刊つりニュース関東版 APC・竹田和弘)

カットウフグシーズン終盤へ

その後も色々な釣り場を探ったものの、追釣できず11時に納竿。同僚2人は、ヒガンフグにコモンフグ。ムシガレイにシロギスと五目釣りさながらの釣果。この日の竿頭9尾。オデコは1人だけだった。

シーズン終盤の『カットウ』釣りで1kg級含みフグ9尾【忠彦丸】同僚も本命ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・竹田和弘)

シーズン終盤ながら復調気味のヒガンフグ。釣果は2尾だけだったが、手元に感じるアタリだけでなく、やっと竿先に出るアタリを捉えることができ、この釣りの奥深さと楽しさを体感した一日になった。

<週刊つりニュース関東版 APC・竹田和弘/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:忠彦丸
シーズン終盤の『カットウ』釣りで1kg級含みフグ9尾【忠彦丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年2月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。