真冬のマイカメタル好機到来 ヤリイカ混じりのマイカ主体【福井県】

真冬のマイカメタル好機到来 ヤリイカ混じりのマイカ主体【福井県】

越前茱崎でもマイカの情報が入りだしたので、12月21日、今年の釣り納めを兼ね、船宿ディープオーシャンでマイカ狙いのイカメタル釣行をしてきた。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・Shinchan)

Shinchan
Shinchan

Wしんちゃん代表!びわ湖のほとりに住むスクイッドアングラー!イカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいますがたまにライトジギングやります! メインフィールドは三重の五ヶ所湾~紀伊長島、日本海は小浜~敦賀~越前茱崎など! 釣行記に限らず様々な情報を発信出来ればと思います!

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

ディープオーシャンでマイカメタル

当日、茱崎漁港へ向かう道中に、「道の駅越前」へ寄ると、マイカが店先に並べられていて、群れが入ってきていることが確認できた。そして心躍らせながら茱崎漁港のディープオーシャンへと急いだ。

港集合は17時、小雨がぱらつく中での出船となった。ポイントは茱崎漁港から西へ約30分、水深は50mでアプローチもしやすい。スッテは15号、ドロッパー付き2段仕掛けのメタルティップランで始めることにした。

ライントラブル連発

夏場にライントラブルが多かったので、新しいPE0.6号を巻き直して挑んだのだが、ラインが馴染んでないのか直ぐにティップに絡んでしまった。

海中側のラインを持ちつつティップに絡まったラインを外そうとするが、がっちりと絡まってしまった。悪戦苦闘していると船長が来てくれ、ティップに絡んだラインをあれよあれよという間に解いてみせてくれた。

こんな解き方があるのかと脱帽したのと同時に、ようやく絡んだラインが外れ、ホッとしながら海中側のラインをピックアップすると、なんとイカが掛かっていた。なんとも拍子抜けする釣れ方だがとりあえず1杯。

真冬のマイカメタル好機到来 ヤリイカ混じりのマイカ主体【福井県】1杯目に釣れたマイカ(提供:WEBライター・Shinchan)

船中でもいい感じでマイカが上がり始めたところで、またしてもラインが絡んでしまった。今度は外れそうもなかったのでメタルティップランを諦め、イカメタルタックルで狙うことにした。

細いラインに変更でヒット順調

こちらのタックルも以前アタリがあってアワセを入れた時に乗りが悪かったのでラインを0.6号から0.4号に細くして挑んだ。するとこれが功を奏し、イカの繊細なアタリをファーストタッチで掛けることができ、数を伸ばすことができた。

当日のパターンは、タナがべた底から5mまでで、探見丸(魚探)には、ベイトが入って来ると同時にイカからの反応が見られた。しかもタナが安定しているわかりやすいパターンだ。スッテやドロッパーの交換をこまめに行い、途中入れ乗りタイムも味わうことができた。

最後は再度メタルティップランで

お土産確保の20杯に迫った頃、せっかくの釣り納めなので、再びメタルティップランのタックルを組み直して釣ることにした。

こういう時は簡単にPEラインとリーダーを接続することが出来る「フラッシュリーダー」がとても便利だ。PE側とリーダー側にチチワを作り、ループtoループで接続が可能で、結束強度もバツグンだ。

真冬のマイカメタル好機到来 ヤリイカ混じりのマイカ主体【福井県】ラインブレイク時の味方フラッシュリーダー(提供:WEBライター・Shinchan)

メタルティップラン再開!

べた底からティップランのようにワンピッチジャークを行い、止めた瞬間にアタリ!乗り切らなくてもシェイクして止めた瞬間にアタリが出て、間髪入れずにフッキング!

暫し2019年のイカメタルに、革命を起こしたメタルティップランを堪能したところでストップフイッシングとなった。

最終釣果

真冬のマイカメタル好機到来 ヤリイカ混じりのマイカ主体【福井県】釣果の一部と記念撮影(提供:WEBライター・Shinchan)

釣果は、マイカメインでヤリイカに、ムギイカまじりの合計23杯と、ナイスサイズのウッカリカサゴが1匹。ライントラブルが無ければもう少し数を増やせたと思うが、この時期これだけ釣れれば上出来だろう。2019年釣り納めは、真冬の日本海イカメタルを存分に楽しむことができた。

次のページで冬のイカメタルお役立ち情報を紹介!