冬季営業管釣りでニジマスと対面 赤系スプーンがアタリ【平谷湖FS】

冬季営業管釣りでニジマスと対面 赤系スプーンがアタリ【平谷湖FS】

平谷湖フィッシングスポット冬季営業開始」。こんなブログを見つけたので、12月16日に長野県・平谷村に向かった。当日は午後からの釣行となったが、なんとか本命の顔を見ることが出来た。

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース中部版 APC・伊藤孝一)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

平谷湖フィッシングスポットへ

この日も釣りができたのは午後から。防寒着に身を包み、釣りを開始する。

池の状況は水質クリアで、水温が低いからか底まで確認できるほど澄んでいる。だがなかなか釣れない。周りの人はポツポツ釣っているのに、私のロッドにはアタリがない。

冬季営業管釣りでニジマスと対面 赤系スプーンがアタリ【平谷湖FS】平谷湖フィッシングスポットの風景(提供:週間つりニュース中部版 APC・伊藤孝一)

表層狙いで釣りを開始

水質がクリアなので、魚が群れているタナも分かって狙いやすかったが、自分の思い描くタナにルアーを通すことができず、今まで魚が釣れなかった原因の1つが分かった気がした。

釣りの方は最初表層付近を1g以下のスプーンで狙ってみたが、アタリはなかった。そこでスプーンを2gに替えて、表層から各層を探り最後はボトム付近をボトムバンプで探ってもアタリはない。

そこでスプーンのカラーを赤、カラシ、黄色と試してみると、意外にも赤色でボトム付近を探っている時にアタリが出た。

ボトムを攻めて、ニジマスヒット

今度はボトム付近を赤のスプーン2.5gで丁寧に探ると、アタリは出るがハリに乗らない。

そこで重さを3g、カラーを赤白に変更して同じおうにボトム付近を探っていると、グーッと重くなりニジマスがハリに乗ってくれた。寒さの影響か、激しいファイトもなくネットに収まり、ようやく1匹釣ることができた。

その後も頑張り続けたが、2匹目を手にすることはできなかった。

当日のタックル

釣りの最後に受付で確認すると、全ての層でニジマスは釣れていたようだ。数釣りを楽しんでいた人もいたようだ。

なお今回の釣行で使用したタックルは、ロッドが喜楽のパックロッド5ft6ピースのウルトラライトアクション、リールはダイワ2000番スピニング、ラインはPEライン0.6号、リーダーはナイロン0.8号だった。

平谷湖フィッシングスポットの冬季営業だが、この記事が出るころには終了している見込み。また来年の春に元気なニジマスたちに会えることを楽しみにしたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤孝一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
平谷湖フィッシングスポット
問い合わせ:電話0265(48)1127
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。