落とし込みで狙う良型青物 ベイトが付けばブリやヒラマサ連発【誠昭丸】

落とし込みで狙う良型青物 ベイトが付けばブリやヒラマサ連発【誠昭丸】

北九州市門司区片上の誠昭丸を予約し、昨年12月7日に山口県下関市の角島沖へと落とし込みで釣行した。ブリ&ヒラマサを中心に多彩な釣果となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・沖島健一)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

誠昭丸で落とし込み釣り

落とし込みで狙う良型青物 ベイトが付けばブリやヒラマサ連発【誠昭丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・沖島健一)

同行者は、木下さん、大仁田さん。片上東海岸に午前5時30分に到着すると、すでに小倉南区からの同船者2人が誠昭丸に乗り込み準備をしていた。

少し早めの5時40分に出港。釣座は船長の指示で、右舷船首に大仁田さん、胴の間に木下さん、船尾に私。左舷は胴の間にAさん、船尾にBさんだった。私の目標は、ヒラマサなら大型100cmの9~10kg級、寒ブリなら8kg前後だ。

水深70~99mを狙う

天気は、低気圧の通過で早朝は曇りで、昼ごろから晴れてくる。気温は最高11度、最低5度との予報。響灘周辺の波は1.5mだった。

そんな状況の中、7時10分ごろに釣り場に到着。船長は船を低速で走らせ、ベイトとなる小魚のイワシやアジの動きを魚探で確認し、7時30分に水深99mラインで釣り開始の合図が出た。

ベイトのタナは水深70mから下との指示で、早々に仕掛けを投入し、指示ダナまで一気に落とす。しかし、ベイトのタナを通過して海底に着いた。指示ダナまで2~3回上下を繰り返すも駄目だった。30分は優に過ぎ、船も移動を繰り返し、小回りでベイトを探す。

ベイトが付きブリやヒラマサがヒット

落とし込みで狙う良型青物 ベイトが付けばブリやヒラマサ連発【誠昭丸】筆者はブリを上げた(提供:週刊つりニュース西部版APC・沖島健一)

9時近くになると、20cmを超えるベイトがよく付くようになった。口火を切ったのは大仁田さんで、続いて木下さんが4~6kg級のブリを連続ヒット。Aさんも6kgオーバーのヒラマサをゲットした。今が時合いで、11時30分ごろまで続いた。

潮止まりが11時40分ごろで、次のエリアへ移動。仕掛けを落とし、水深75㍍で即ベイトが付いたので、一気に底まで落としてアタリを待つ。

ベイトの動きが激しくなり、前アタリの予感。じっとサオ先を見つめると、数秒後にサオ先がギュウッと曲がって、海中に絞り込まれた。サオを大きくあおると、重量感ある手応え。ヒットしたのは5kgオーバーのブリだった。

多彩な最終釣果

落とし込みで狙う良型青物 ベイトが付けばブリやヒラマサ連発【誠昭丸】大仁田さんにきた5kg(提供:週刊つりニュース西部版APC・沖島健一)

その後もブリ5kg1尾、4kg級4尾、ヒラマサ4kgオーバー1尾を手中(バラシ4回)。ゲストはシイラ、アカヤガラ、ヨコワなど多彩で、午後1時30分に納竿。
木下さんはブリ5kgオーバー2尾、4kg級4尾、アカヤガラ、ヨコワ(バラシ2回)。大仁田さんはブリ5kg1尾、4kg級1尾、アカヤガラ、シイラ(バラシ1回)だった。

<週刊つりニュース西部版APC・沖島健一/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
誠昭丸
出船場所:片上港
TEL:090-8664-5756
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。