真冬の波止サビキでデカアジ爆釣 これは異常事態?【兵庫・7防】

真冬の波止サビキでデカアジ爆釣 これは異常事態?【兵庫・7防】

12月28日、兵庫・神戸第7防波堤(通称・7防)に釣行した。この日は、前情報以上にサビキで大型アジが釣れ盛り、ルアーやノマセでブリが上がるなど、これまでの大阪湾の冬景色とは全く様相が違っていた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・伴野慶幸)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

近年の大阪湾サビキ釣り

大阪湾でのサビキ釣りのシーズンは、夏の豆アジからスタートする。秋には、小アジがサイズアップして、小サバ、イワシ交じりで最盛期を迎え、冬の初めにシーズンを終えると言うのが一般的なイメージだと思う。しかし、近年の大阪湾のサビキ釣りの傾向は、以前とはどうも違っているように感じる。

ここ数年の異常

私の記憶しているところでは、

2018年:真冬にイワシの大フィーバー(とっとパーク小島~泉南エリア、神戸港湾内)
2019年:3~6月に大・中サバ、メクリアジの短期ラッシュ(武庫川一文字、神戸港沖防波堤など)

と、かつてはサビキのオフシーズンとされてきた冬から梅雨の時期にも、釣果情報を賑わせた事があった。筆者の昨年末の釣行でも、サビキ釣りで衝撃の体験があった。今やサビキは、オールシーズンできる釣法なのか?2020年はどうなっていくのだろう?

神戸第7防波堤でデカアジ釣り

気温が下がり、街中ではコート姿の人が行き交う光景が当たり前となった12月下旬、兵庫・武庫川一文字や神戸港周辺エリアで25cm超の良型マアジ、通称「デカアジ」が、大サバ交じりで好調との情報を数多く見かけるようになった。

いてもたっても居られず釣行を決め、12月28日の未明、松村渡船の乗船場を訪れた。冬に入り釣況も変化した事で、ルアーマンの釣行もピークを過ぎ、渡船も冬モードに入りつつあった。しかし、釣況が上向いてきた事もあって釣り人が多数訪れ、急遽第二駐車場を案内するほどの活況ぶりだった。

赤灯台回りに釣り座

質・量ともに生きた情報を提供してくれる松村船長は、釣り人からの信頼が厚い。私もデカアジ&大サバ狙いで相談すると、神戸第7防波堤の赤灯台周りを勧めてくれた。

タナは底ぎりぎりで、夜明け前から朝8時頃までは竿下で十分釣れているとの事。当日の2便は40人近くの釣り人を乗せて、4時30分に乗船場を出発。

ルアーマンが7割ぐらいで、その大半はこのところ人気となっている最沖の波止に照準を定める。一方、私のような他の釣法の釣り人や混雑をあえて避けたい釣り人は、6、7、8防へと分かれて順に降りていく。

私が選んだ7防には8人が降りたが、先客は2人だけで、私は赤灯台周りの北向きに十分余裕をもって釣り座を構える事ができた。

真冬の波止サビキでデカアジ爆釣 これは異常事態?【兵庫・7防】当日の釣り座周辺(提供:WEBライター・伴野慶幸)

夜明けまでは無反応

5時過ぎから船長のアドバイス通り、タナは底ぎりぎりを意識して、灯台周りの竿下でサビキ釣りを始めたが、暗いうちは魚の反応がない。西向きで釣っていた人が散発のデカアジを拾っていた以外は、周りも渋い状況のようだった。

親子連れで来ていたジュニアたちも、父親のアドバイスが釣果につながらず、しょんぼりした表情。不安がよぎる。

夜明け前からデカアジラッシュ

ところが、空がうっすらと白みがかってきた頃、私の竿にググッと確かな手応えが伝わった。ハリ外れを避けるように慎重に巻き上げると、待望のデカアジが登場。

体長は500mlのペットボトルくらいはある良型だ。にんまりとしながら一度、水汲みバケツに入れて、合間を見て鮮度を保つ活け締めをする事にした。周りでも釣れ出し、いよいよ時合いに入ったな・・・と本腰を入れる。

真冬の波止サビキでデカアジ爆釣 これは異常事態?【兵庫・7防】型揃いのデカアジ(提供:WEBライター・伴野慶幸)

時合いどころではない爆釣ぶり

しかし、この後訪れたのは、時合いどころの話ではない、衝撃の展開だった。一投ごとに即アタリ。周辺の釣り人10人ぐらいが、次々とデカアジを上げていく。当初はしょんぼりしていたジュニアたちも、大喜びで奮闘。デカアジの猛ラッシュに突入した。

私もバケツがすぐにデカアジの束で溢れてしまい、ノマセ釣りの準備で持ちこんでいたスカリバケツに入れて急場をしのぐ事にした。

真冬の波止サビキでデカアジ爆釣 これは異常事態?【兵庫・7防】釣れすぎてスカリバケツに投入(提供:WEBライター・伴野慶幸)

「凄いですね、今日は」と隣の人が声をかけてくる。全員がウハウハ状態の中、私の竿に一段と強い引きが伝わった。巻き上げに手こずり、「まさか青物?」と一瞬思ったところ、海面に姿を見せたのは大サバ。これも嬉しいゲストだ。

真冬の波止サビキでデカアジ爆釣 これは異常事態?【兵庫・7防】大サバがヒット(提供:WEBライター・伴野慶幸)

次のページでブリや大型サワラが登場