ティップランエギングで1kg級を主体に船中全員安打【Wingar】

ティップランエギングで1kg級を主体に船中全員安打【Wingar】

朝の寒さが身に染み、いよいよ冬本番という感じ。12月8日、中潮、佐賀県・唐津西港から出船のWingar(ウインガー)を利用して、ティップランエギングに行ってきた。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

Wingarでティップランエギング

当日は天候には恵まれ、後は釣果のみ。できれば前回の1.55kgを上回りたいという思いで挑んだ。

午前7時にWingar(ウインガー)は出船。釣り場の呼子沖まで約30分。水深25m前後を流すとのこと。朝イチはエギ王TR3.5号のオレンジゴールドからスタート。

2投目でぎりぎりキープサイズ

2投目、着底後3回シャクり、3秒ステイ。触った。すかさずアワセを入れた。400gキャッチ。今日はいい感じかなと、次にアタったのは、ぎりぎりキープサイズ。

ポイント移動。すぐに同船者にアタった。「今度は型が良さそう」と船長が言っている。計測してみると900g。

その後アタリが遠のき、少し走り移動。前回1.5kgを釣ったポイントに到着。ミステリーパープルにカラーチェンジして1kgアップに挑んだ。シャクリの幅、ステイの時間をいろいろと変えてみたが、アタらない。

移動し1.25kgゲット

少しポイント移動。エギのカラーをマリンブルーにチェンジ。風が落ちたため、少しキャスト。2回目の着底後、ティップに違和感があり、アワセを入れたが乗らず。

再度落とし、シャクり、ステイ。ズドンときた。トルクはあるが、そこまでラインは出ない。姿を見せたのは1kgアップ。計測してみると1.25kg。残念ながら前回分には届かないが、うれしい1尾。

ティップランエギングで1kg級を主体に船中全員安打【Wingar】良い釣果に恵まれた(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

全員安打で1kgクラス多数

その後、風も落ち、キャスティングして広範囲を攻めたがアタらない。納竿間際に同船者に1kgクラス。私にも1kgクラス。

私の釣果は1.25kg含む5尾。船中、全員安打。1.25kg頭に1kgクラス多数。全体的にサイズが大きく、体形も丸々していた。記録更新は出来なかったものの良い釣果に恵まれ、良い釣り納めとなった。来年もティップランエギングに情熱を注ぎたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar(ウインガー)
出船場所:佐賀県・唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。