ヒイカエギングで本命キャッチ 投げカレイは次回へ期待【千葉港】

ヒイカエギングで本命キャッチ 投げカレイは次回へ期待【千葉港】

12月半ば、風がなく穏やかな日だったので、千葉港のポートタワー近くの釣り場に夕方から出かけた。そろそろカレイ釣りの好季が近いので様子見。同時にヒイカを狙ってみるつもりだ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース関東版 APC・大熊規男)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日の千葉港の状況

16時すぎに現地に着くと人が多く、釣り場は空いている場所が少ない。階段を下りてすぐのところが1人なら入れる余地があったのでそこで竿を出す。右隣はやはりヒイカ狙いのエギング、左はカレイの投げ釣りだ。

ヒイカエギングで本命キャッチ 投げカレイは次回へ期待【千葉港】千葉港周辺略図(作図:週間つりニュース関東版 APC・大熊規男)

私の仕掛けは中オモリから70cmのハリス。その先には1.5号のエギを付けた仕掛け。投入後、着底を待ってシャクる動作を繰り返す。隣の人はあまりシャクらない釣り方だ。

周囲は次第に暗くなってきたがアタリはない。カレイ狙いの人にも反応はないようだ。リーリングしていると違和感はあるが、ほかの人のラインに絡んだだけ。遠投すると他人のラインとクロスしやすいようだ。オマツリを避けるため、投げすぎないように注意する。

遠投せず本命ヒイカ手中

ちょい投げでこまめに打ち返していると、シャクり上げた竿に重さが乗る。イトフケを取り、竿を立てるとわずかに重い。巻いてくると小さなヒイカが付いている。とりあえずオデコは回避。

ヒイカエギングで本命キャッチ 投げカレイは次回へ期待【千葉港】ヒイカがヒット(提供:週間つりニュース関東版 APC・大熊規男)

しばらくして、隣の人もヒイカを釣り上げる。「いい感じだ」と思っていたが、投げ釣りの人のラインとオマツリが多くなる。隣の人は2尾目を上げて釣れそうな気配はあるが、人が多すぎるので「次は平日に来よう」と納竿した。

今後の展望

カレイは例年25日ごろから釣れ始まるので、これからが楽しみ。冬の夜釣りで寒さ対策をして臨みたい。

<週刊つりニュース関東版 APC・大熊規男/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
千葉港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。