シーバスを陸っぱりから!正解を導き出しガツン!とヒット【三重県津市】

厳寒期にも関わらずホットなシーバス情報が舞い込んだ。ナイトゲームで連日のように良型が釣れているとのこと。早速パトロールに出動。1月19日の夕方から、三重県津市にあるJFEテトラ帯へと車を走らせた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

早速キャスト開始

下が当日のヒットルアー。

早速タックルを準備し、寒風吹きつけるなか、キャストを開始する。

海面はざわつき、風は向かい風。

釣り人にとっては、決して釣りやすい状況ではない。

まずは表層を意識する個体に狙いを絞り、8cmサイズのややボディー形状に膨らみのあるルアーをチョイスした。

ルアーシルエットを大きくし、波立つ海面でもその存在をアピールする。

また巻きスピードは、穂先にルアーの重みが感じられるスピードを意識。

ルアーが海面から飛び出すことなくしっかり泳がせることで、シーバスの捕食意欲にスイッチを入れる作戦だ。

夕マヅメに突入!

参考タックル図。

辺りもすっかり暗くなり、夕マヅメのゴールデンタイムに突入。

いよいよこれからだと思ったその時であった。

コツッ、コツッと手元に繊細なアタリが伝わる。

グッと体に力が入ったものの、そのような弱々しいアタリでは、アワセを入れるほどの明確なタイミングがない。

しかし、これは確実に魚が動きだした合図だ。

すると、そこから同じようなアタリが頻発。

なぜ掛からない?」と徐々に私の中でハリ掛かりしないもどかしさが出てきた。

しかし、このような場合はどう考えるかだ。

私は「惜しい」ではなく、「何かが違う」と思うようにしている。

そこでルアーチェンジ。

ルアーは細身のフローティングタイプの10cm。

カラーもシルエットのぼけるクリアーカラーと対照的な選択とした。
すると、答えは早かった

1投目からガツンッ!今度は手元までしっかり重みが伝わり、ハリ掛かりに成功。

バシャバシャッと豪快なジャンプの後にキャッチしたのは45cmクラスだ。

狙い通りの1尾に満足!

ビッグサイズとはいかなかったが、考えて獲った納得の1匹となった。

そして、ここからというところで残念ながら潮止まり。

アタリが遠のいたため納竿とした。

今後は湾口で産卵を終えた大型の個体が戻ってくるだけでなく、バチ抜けなど海がにぎやかになってくる。

防寒対策をしっかりして、冬のシーバスフィッシングを楽しんでみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼アクセス
伊勢自動車道・久居IC下車、国道165を東進し国道23を越えてローソンの交差点を左折。
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年2月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。