プリッとブリ!伊勢湾ジギングでメタボブリ!【愛知県西浦漁港隆盛丸】

年末から好調が続く伊勢湾へ今シーズンを占う初ジギングに釣行した。年末から絶好調の市岡さん、どうしてもブリが釣りたい内山さんと、青物ボウズ逃れが精いっぱいの私の3人でお世話になったのは、愛知県蒲郡市西浦漁港隆盛丸だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日の朝は激冷え。やる気は激アツ。

96cm11kgのぽってりしたブリを確保!

3日前までは大シケで出船できず、前日も爆風だったようだ。

当日の朝は微風だが放射冷却で激冷え。

午前6時半出船だが、やる気満々のジガーで激アツだ。

船長へのあいさつもそこそこに、左舷トモに市岡さん、内山さんが並んで、右舷トモに私と陣取り満船で出港。

伊良湖沖を目指す。

参考タックル図。

途中日の出に大漁祈願して、1時間あまりで伊良湖沖のポイント到着。

当日は大潮。

これから上げ潮いっぱいでお昼にかけて下げのチャンスとなる。

この日は大物狙いなので、いつもの伊勢湾ライトタックルは封印、青物用のPEラインの2号、リーダー10号以上、ジグも150~200gで狙う。

水深54m、探見丸に映るベイトの反応は上々だ。

船長がベイトの切れ目と先端に大型フィッシュイーターを発見し、3人の期待は最高潮。

注目の初釣り1投目、ジグは最近伊勢湾で絶大な実績を誇る『CUICK ZERO1/CB ONE』200gだ。

ジグをボトムへ滑り込ませ、ベイトリールでサミングしながらフォールに全神経を集中するが異変なし。

ボトムを取って速巻き、ストップ、少しロッドティップをあおってテンションフォールでもアタリはなく、中層まで探っても異常なし。

何度もフォール、ジャークを繰り返すが、魚からの応答はなし。

やはり気合が入り過ぎてジグに殺気が移るのか……。

隣のジギング船ではロッドが絞られてワラサ、サワラがぽつりぽつりと上がるのが見えるが、自船では左舷ではサワラのラインカッターがあったのみ。

ポイント移動を繰り返す

95cm10.7kgもキャッチ!

モーニングサービスも終了して、お隣さんと顔を見合わせてお手上げ状態。

船長もポイント移動を繰り返すが反応は薄く、まったりとした時間が過ぎる。

そして、またまた大移動。

30分ほどで神島の西、水深60mのポイントに着くと、探見丸にはボトムに張りつく強い反応がある。

ボトムから10mをいろんなジャークパターンを試すが、盛り上がりもなく時間が過ぎるばかり。

11時半ごろ、僚船から連絡があったのか、全速力で伊良湖の込み潮ポイントへ向かう。

30分ぐらいで水深45mのポイントに到着すると、泳がせ釣りやジギング船が入り混じる大船団ができている。

あちらこちらの船ではブリやヒラメ、サワラが上がっている。

時合い到来!

脂ノリノリ青物♪

いよいよ時合い到来!探見丸には底から表層までベイトで真っ赤。
すると、内山さんにヒット。

ロッドがバットから弓なりに絞り込まれており、大物の予感。

一進一退のやり取りの末、オマツリも発生しリーダーを握ってやっとネットインしたのは、85cm9.1kgのメタボリックなブリだ。

念願の立派なブリに、内山さんも大喜び。

左舷前方でもブリが取り込まれて、一気にやる気満々。

内山さんのヒットジグの『CUICK ZERO1/CB ONE』150gに交換しボトム着底後ワンピッチジャークで探ると、ロッドティップに違和感が。

アワセを入れるとヒットだ。

念のために2~3回追いアワセを入れて、慎重に巻き上げる。

こちらもロッドのバットから絞られ、ブリだと確信。

強い引きを楽しんでネットに収めたのは、少し小ぶりの81cm6.3kgのギリブリだった。

この時合いに船中では10kgオーバーのブリが上がって大歓声。

私もさらにサイズアップを狙うも、そのまま午後1時にロッドオフとなった。

私はブリ1匹だったが、一時はボウズも覚悟しただけにうれしさはひとしお。

船中5匹のブリが上がったが、一瞬の時合いをいかに捉えるかで明暗が分かれそうだ。

当たると良型で脂ノリノリのブリが捕獲できる。

帰ってさばくと、全身真っ白の脂でしょう油を弾く上物。

伊勢湾の魚のうまさを実感した1匹だった。

まだまだベイトはモリモリで、10kgオーバーのブリも夢ではない伊勢湾ジギング、またチャレンジしたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・水野武司/TSURINEWS編>

▼この船について
隆盛丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年2月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。