人生2回目のティップランエギングで1550gの良型アオリ【Wingar】

人生2回目のティップランエギングで1550gの良型アオリ【Wingar】

11月10日、大潮。佐賀県唐津市・唐津西港のWingar(ウィンガー)を利用して、呼子周辺のティップランエギングに行ってきた。10月から営業開始したこちらの遊漁船は、イカ釣り(キャスティング、ティップラン、イカメタル)がメイン。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでティップランエギングへ

人生2回目のティップランエギングで1550gの良型アオリ【Wingar】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

佐賀県唐津市・唐津西港のWingar(ウィンガー)にて午前6時30分に出船。ポイントまで約30分で到着。水深約20m、まずはピンク系エギ3号+TRシンカー15gからスタート。今回、初卸しのショートロッド(5フィート11インチ)は操作性が非常に良かった。

前回、オモリグ用で使用していた7ft(ティップラン用)では、シャクリ慣れていないせいかシャクりにくかった。その時、同船者の人たちのロッドは皆短かった。この事がロッド購入のきっかけとなった。

基本的にキャストはしないこの釣り、ショートロッドの方が使いやすいと思った。それと船の喫水が低い場合。

単発ながら船中アオリ登場

朝イチ、前回同様のスロースタート。日が昇り、ぽつぽつと釣れ、私も2尾をキャッチ。隣の人とダブルヒットなど楽しかった。

船上も徐々に賑わい始めた。薗田船長もイカのいるエリアを求めてラン&ガンを繰り返す。

人生2回目のティップランエギングで1550gの良型アオリ【Wingar】同船者の山下さん(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

1550gの良型アオリイカ!

オレンジ系3号+TRシンカー15gで2回目の着底後、3回シャクって10秒ステイ。再度、シャクリを入れよと思った時だった。 ンっとサオ先が入ったので、すかさずアワセを入れた。明らかに今までのイカとはトルクが違う。ズンズンとイカ特有の引きにドラグも出る。

「これはデカい」と薗田船長。慎重にリールを巻き、海中から姿を見せたのはキロアップ。計測すると1550g、ティップランを始めて2回目でこんなグッドサイズに出会えて最高に嬉しい!

人生2回目のティップランエギングで1550gの良型アオリ【Wingar】1550gのキロアップ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

このアオリイカに出会わせてくれた船長に感謝。

最終釣果

この日は全員安打。トップ釣果は10尾。1.5kg頭に1.2kg~300g。ティップラン最盛期、初めての人でも船長が優しくレクチャーしてくれる。

乗船場所は唐津城のすぐ近くで、福岡市内からでも1時間ほどで到着する。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar(ウィンガー)
出船場所:唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。