波止アジングゲームで26cm頭に良型連発 夕マヅメに時合い【熊本】

波止アジングゲームで26cm頭に良型連発 夕マヅメに時合い【熊本】

11月には、水温が下がり始めシーズンインしたアジング。場所によっては、ムラがあって空振りも少なくないが、安定してアジが接岸しているのが熊本県上天草市大矢野の湯島である。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

湯島の波止でアジング

上天草市の湯島は、猫がたくさん住む島としても有名で、江樋戸港から連絡船が出ており、約30分で行ける。

波止アジングゲームで26cm頭に良型連発 夕マヅメに時合い【熊本】上天草市湯島の略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

11月上旬に時間が取れたので、午後3時の便で湯島に向かう。到着して釣りの準備をしていると、この島在住の牛山さんが合流。

波止アジングゲームで26cm頭に良型連発 夕マヅメに時合い【熊本】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

ミノーに23cmメッキがヒット

準備を終え、早速、港内をうろうろしていると、バシャ、バシャ!とボイルが発生。ジグヘッドをキャストするがアタリがない。

小型ミノーをチョイスしてキャストし、リトリーブしているとヒット。ジジ、ジ!とドラグが鳴り、なかなかの引きを見せたのは23cmのメッキだった。

その後もボイルしているのはメッキで、連発したが、本命のアジのアタリがない。

表層にサバ、ボトムにフグ

だんだんと暗くなってきたころにボイルが発生したので「アジかな?」と思い、キャストするとヒット。期待してファイトしているが、やたらぶるぶるとロッドに伝わる感覚。キャッチしたのは20cmほどのサバだった。

表層はサバなので、中層からボトムを狙う。ジグヘッドを1gから1.5gに替え、ボトムを取って探っていると、アタリがあるが乗らない。ワームをチェックしてみると、半月状に食われている。フグだ。

夕マヅメに25cm級アジ連発!

しばらくフグに苦しめられたが、日が沈んでさらに暗くなってきたころにフグのアタリがなくなった。このタイミングでコンッと明確なアタリがあり、アワせたがバラしてしまった。

牛山さんが「そろそろですよ」と言ったタイミングでヒット。ラインを出しながらのファイトで、抜き上げたのは26cmの良型アジ。

波止アジングゲームで26cm頭に良型連発 夕マヅメに時合い【熊本】牛山さんも良型を攻略(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

さすが、この島のエキスパートだ!時合い到来と思い、アタリに集中していると、コンッとアタリがあり、すかさずアワせる。なかなかのファイトを見せ、これも本命の良型アジ25cmだ!

それからは連発し、さらに暗くなるまでアタリが続く。だんだんとレンジが上がってきて、それに合わせて中層を狙うと数を拾うことができた。

波止アジングゲームで26cm頭に良型連発 夕マヅメに時合い【熊本】好ファイトを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花田浩晃)

今宵は酒を交え釣り談義

さらに暗くなるとアタリがなくなり、夕マヅメの時合いは終了。移動して常夜灯周りを探るが、今は小アジしかいないとのこと。釣果は十分なので、ナイトゲームはやめて納竿した。

その後は牛山さんと酒を交わしながら釣り談議に花を咲かせた。ストイックに釣りを楽しむのも良いが、こんな感じで釣り&宿泊と、旅を楽しむのも良いと思う。

翌日の朝マヅメを狙ってみたがアタリはなく、朝イチの連絡船で帰途に就いた。

次のページで今後の展望を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。