『ファミリーフィッシング船』で息子の誕生日を祝う【まごうの丸】

『ファミリーフィッシング船』で息子の誕生日を祝う【まごうの丸】

11月3日(日・祝)、相模湾茅ヶ崎のまごうの丸から小学2年の息子とイナダ五目で釣行した。当日は、「ファミリーフィッシングデー」の企画があり、親子で1万円だったのと、誕生日が近い息子のお祝いを兼ねて、前々日に予約。3連休とあって、すでに予約多数だったが、何とか席が取れた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・青砥一生)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の最終釣果

そして13時に沖上がり。私も少しは竿を出したが、タイミングがまったく合わずにオデコ。「朝の時合いに私も竿を出しておけばよかったな」と、もはや後の祭り。息子のフォローがメインだったとはいえ、親の面目丸つぶれ。

息子は43.5cmを頭にイナダが7尾、32.5cmのヒラソーダとムロアジを11尾。イナダ、ソーダとも初めての魚だったので嬉しそう。

連日船宿ではトップ30尾以上の釣果がでている。

『ファミリーフィッシング船』で息子の誕生日を祝う【まごうの丸】当日の釣果の一部。三目達成(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・青砥一生)

今後の展望

この日以降、落とし込みサビキでの釣果がよくなり、船宿のホームページでも仕掛けの持参を勧めている。海はしばらくナギのようなので、いい食いが続きそう。これから予定している人はぜひ、落とし込みの仕掛けをお忘れなく。

タナは深くても水深30mで、電動リールは不要だったが、状況によっては深くなることがあるので、持っている人は持参しておいたほうがいいかもしれない。

『ファミリーフィッシング船』で息子の誕生日を祝う【まごうの丸】落とし込みサビキ仕掛けは必須(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・青砥一生)

釣果のイナダは姿造りに

釣ったイナダは、姿造りにしたり、アラをダシにしてしゃぶしゃぶにしたり。脂はブリほどないが、味はくどくないので鍋にしても楽しめる。

また、血合い付近の身に独特の匂いがあって、食べるのが苦手な人はいるが、釣ったときにしっかり血抜きしておくと、そのような臭みはない魚に仕上げることができる。プリプリの身質を味わいたい人は、血抜きをした後に神経抜きもしておくといいだろう。

『ファミリーフィッシング船』で息子の誕生日を祝う【まごうの丸】イナダを使った姿造りで息子の誕生日を祝った(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・青砥一生)

<週刊つりニュース関東版 神奈川・青砥一生/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:まごうの丸
『ファミリーフィッシング船』で息子の誕生日を祝う【まごうの丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年11月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。