さぁ!関アジに挑戦!潮況がキーポイント【大分県家島港釣吉丸】

今年の初釣りをどこにするか考えた時、やはり風が吹いても釣行できる釣り場は大分方面なので、大分家島港釣吉丸に連絡すると、最近、アジサバが交じり釣れているとのことで、1月7日、田中さん、松葉さん、松本さん、中藤さんに私の5人で釣行予約をした。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

6時30分出船。

美味な土産、アジを釣ろう!

前日は宿泊所に泊まり、最近の釣果などの話で盛り上がったが、翌日を考え、午後11時就寝した。

当日は、午前5時30分に起床し、途中のコンビニで食料や飲料を買い、出港地に行った。

アシスタントのカツくんに釣座を聞くと、左舷側前から5席と言われ、前から松本さん、私、松葉さん、中藤さん、田中さんの順で荷物を積み込んだ。

6時20分に船長が来たのであいさつをして、30分、出港した。

釣り場までは1時間ほど走るので、キャビンでひと休みする。

ウトウトしているとエンジンがスローになり、釣り場に到着したようで、外に出ると佐賀関の沖合で、全員釣座に行き釣りの準備をする。

船長は魚の反応を探し、船を潮上に移動させると釣り開始の声がかかる。

仕掛けを入れ、底まで落とすとサオを1mほど振り上げてまきエサをして、再度仕掛けを底に着けて魚のハリ掛かりを待つ。

船長から「最初の2~3回手返しを早くして、まきエサをしてください」と声がかかる。

3、4回仕掛け入れをしてもアタリがないので、少し移動する。

15分ほど走り釣り始めると、3回目の仕掛け入れで田中さんにアタリで25cmのマアジを釣り上げ、松本さんは巻き上げ途中でハリ外れした。

船中、何人かアジを釣ったが少し小型だ。

釣り場を転々と……

参考タックル図。

次の釣り場では、魚はハリ掛かりするが潮がヨレているのかオマツリが多発し、釣り上げ途中でハリ外れする。

また、潮が良くない時は、魚の食い込みも悪いようで、やはりハリ外れが多い。
釣り場を転々と移動するが、やはり当日は様子が悪い。

釣り方は、仕掛けを底に落とした後、まきエサをしたらミチイトを張り、アミカゴが船の上下で底をトントン上下するようにして釣っている。

上潮が少し速いので、イトを送り出すとオマツリの原因となる。

11時すぎ、潮が良くなったのか松葉さんと田中さんに良型のアジが掛かる。
オマツリも少なくなり、アジが無事に釣れてくる。

私はサビキのハリスを3号にして釣り始めると、何とかアジが釣れてきた。

松本さんに青物か何かがハリ掛かりしたのか、5号ハリスを一発で切られた。

厳しい釣りだったが、何とか家で食べるだけの数を確保し、午後2時すぎ納竿することにした。

当日は、釣った数以上にバラシが多く、次回、必ずリベンジの釣りに来るつもりだ。

家に帰って刺し身にしたが脂がありおいしかった。

船長に話を聞くと、タチウオもまだ釣れているし、県南のイサキも良いし、アジ、サバも良くなると思うとのことなので、皆さん、冬場の釣りに強い大分に釣行してみては。

<週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜/TSURINEWS編>

▼この船について
釣吉丸
釣り船予約サイト『釣楽』からの予約でお得なポイントをゲット!

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年1月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。