人気船で落とし込み釣り 青物・ヒラメ・マダイにアコウ!【第二大福丸】

人気船で落とし込み釣り 青物・ヒラメ・マダイにアコウ!【第二大福丸】

10月末に、福岡県宗像市は大島港の第二大福丸の船長から、キャンセルが出たので来ませんかのお誘い。釣友を集めて落とし込み釣行へ出掛けた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

落とし込みタックル

なかなか予約が取れない人気船なので、釣友に声を掛けるとすぐに集まる。出港時間を聞くと、午前4時30分までに港に来るよう言われ、釣友には4時まで港に来るよう指示する。

船は4時すぎに来て、皆さんがそろったところで4時20分に出港する。メンバーは10人で、私のグループは佐田剛さん、市原稔大さん。あとは常連の人。私は右舷船首に座る。

この船は探見丸システム搭載船で、落とし込み釣りには有利なアイテム。特に海底やベイトの様子が分かって釣りやすい。

人気船で落とし込み釣り 青物・ヒラメ・マダイにアコウ!【第二大福丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

青物が船中連続ヒット!

釣り場に着いて、仕掛けができたところで釣り開始。私は探見丸でベイトの位置を見ながら仕掛けを落とすと、すぐにベイトが付く。そのまま落とし、海底に着くと同時にアタリ。ここからは青物との勝負になる。大物になると根の周りを走るので、仕掛けが根に掛かったりしてバラすことが多い。

人気船で落とし込み釣り 青物・ヒラメ・マダイにアコウ!【第二大福丸】ネリゴがヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

朝のうちは右舷側にアタリがでていたようで、市原さんは左舷船首で「ベイトが付かない」とぼやいていた。それでも朝のうちはネリゴを2尾ほど続けて掛け、後半になって続けてブリやヒラマサを3~4尾と取り込んでいた。

佐田さんは右舷船尾でブリにヒラマサ5kg級を取り込み、クーラー2個が満タンに。田中さんは左舷船尾で朝からヤズ、ブリ、ヒラマサを掛け、添田さんグループは10時をすぎた頃からブリ、ヒラマサを上げていた。私の横の麻生さんも昼前から釣れ出す。

人気船で落とし込み釣り 青物・ヒラメ・マダイにアコウ!【第二大福丸】麻生さんはヤズ~ブリを連発(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

最終釣果

人気船で落とし込み釣り 青物・ヒラメ・マダイにアコウ!【第二大福丸】青物が好調!(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

船長は「昨日からエサ付きが良くない」とぼやいていたが、これだけ釣れると皆さんは満足していると思う。

人気船で落とし込み釣り 青物・ヒラメ・マダイにアコウ!【第二大福丸】このサイズが連発(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

この日の釣果は、1人平均で青物10尾、ヒラメ1尾、マダイ2尾、アコウ3尾。これからの釣り物は落とし込み釣り、沖五目釣りなど。早めに予約をされると良い。

人気船で落とし込み釣り 青物・ヒラメ・マダイにアコウ!【第二大福丸】筆者の釣果(提供:週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳)

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第二大福丸
出船場所:宗像市大島港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。