幻の超高級魚『シロアマダイ』が船中3尾 今年は大当たり年?【池田丸】

幻の超高級魚『シロアマダイ』が船中3尾 今年は大当たり年?【池田丸】

10月23日(水)、相模湾腰越港の池田丸からアマダイ狙いで釣行した。そして、幻の超高級魚『シロアマダイ』が船中3尾も上がる釣果となった。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 本紙・佐藤 理)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

相模湾でアマダイ釣り

釣行当日は、遠藤船長の操船で、6時すぎに出港。左舷ミヨシにオーナーばりの服部さん、となりは週3~6日沖に出るという釣りガールのMIHOさんが並ぶ。右舷は常連2人が乗船。 

幻の超高級魚『シロアマダイ』が船中3尾 今年は大当たり年?【池田丸】船宿池田丸船着場(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

航程15分ほどで江ノ島沖水深90mに到着、さっそく投入のアナウンスが流れる。60号オモリの片天ビンに仕掛けは「ケイムラ甘鯛2本」、オキアミをていねいに装餌して実釣開始。

幻の超高級魚『シロアマダイ』が船中3尾 今年は大当たり年?【池田丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

早々に30cm本命をキャッチ

すると、ミチイトが右舷トモに向かって入っていく。すかさずオモリを80号に交換。リールカウンターは120mと、かなりイトが出され、釣りにくいなか、底を取った直後、服部さんにアタリ。

途中、何度か鋭角的な引きが訪れ本命の予感。早々に30cm級を抜き上げる。その少しあと、MIHOさんにシグナルが届く。速潮で引きが分かりづらい。

幻の超高級魚『シロアマダイ』が船中3尾 今年は大当たり年?【池田丸】本命に笑みがこぼれる(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・佐藤 理)

ポツリポツリと釣れてくるが、潮はますます速くなって2ktの激流。常連さんたちも、「いや~、ここまで速いとね」とボヤく。

幻のシロアマダイ3尾連釣

11時、水深77mから87mの逆カケアガリを流していると、右舷トモの鎌倉市・池田さんに42cmの超・高級魚のシロアマダイ。

その10分後、MIHOさんに明確なアタリ。最初の引きは強かったが、ミチイトは船下に入って、魚の大きさが判別しづらい。重みはあるが引かないので、「ん?バレた?」と、半信半疑で巻き上げ。やがて電動が止まり、手動で残りを巻きとる。水中にぼんやり白い影。「シロだ!」と、船長が駆け寄ってタモ取り。初となる40cmのシロアマダイを手に「やった~」と、大喜び。

さらに、小型ながら服部さんも前回に続いてキャッチ。

幻の超高級魚『シロアマダイ』が船中3尾 今年は大当たり年?【池田丸】服部さんは幻の魚に笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・佐藤 理)

最終釣果はシロアマダイが好調

「幻」と言われる魚が船中3尾も上がる快挙。もしかして、今年は当たり年かも?このあと、1尾ずつ追加。仲よく4尾で13時に沖上がり。ゲストはカイワリ、イトヨリ、ガンゾウビラメが交じった。

幻の超高級魚『シロアマダイ』が船中3尾 今年は大当たり年?【池田丸】当日の釣果と使用した仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版 本紙・佐藤 理)

<週刊つりニュース関東版 本紙・佐藤 理/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
池田丸
出船場所:神奈川県・鎌倉市腰越
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年11月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。