三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫

三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎さんが、世界初の釣り専用水上バイク『Sea-Doo FISH PRO』で東京湾シーバスゲームにチャレンジ。水上バイクならではの楽しみ方を発見した。

県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:HOT WATER・丸山 修)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

移動も楽しい「水上バイク×釣り」

感覚を取り戻したところで、いよいよ桟橋を離れる。河川内は、引き波を立てないよう速度を抑えて下る。

三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫移動時間も爽快な水上バイクでの釣り(撮影:HOT WATER・丸山 修)

やがて、ディズニーリゾートの一角が見えてくると視界は一気に広がり東京湾に出る。ベタナギの海をアクセル全開。キャップを飛ばしながら、そのスピード感を味わう。「いや~、楽しいですね」と、しばらく滑走を楽しんだあと、オープンエリアで魚探を見ながら反応を探す。

三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫ディズニーリゾートをバックに(撮影:HOT WATER・丸山 修)

中層の魚群に合わせルアーを通すが反応なし。見える範囲に数隻のプレジャーボートも見えるが…。「アタックしてこないので、シーバスや青物じゃなくボラかもしれませんね」と健二郎さん。

ストラクチャー撃ちに変更

そこで、ストラクチャー周りの釣りに変更。ゲートブリッジを抜け、沖堤の杭に沿って平行にキャスト。

チョイスしたルアーは、ジャクソンの「鉄PAN Vib」の26g。カラーはライブイワシ。さすがのキャストコントロールで杭から30、40cmのところに着水。水深7~8mを一度ボトムまで沈めてからリトリーブ。

三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫 当日使用した「鉄PAN Vib」(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・佐藤)

ボトムからの巻き上げで連発!

三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫ストラクチャー周りでヒット!(撮影:HOT WATER・丸山 修)

すると、いきなりガツンとバイト。「来ました~」と、ファーストヒットは40cmクラス。このあと、移動が奏功してサイズアップ&追釣。いずれもボトムからの巻き上げ直後にアタック。最近、プライベートでも通っていたターゲットだけに、慣れたやりとりで連続ヒットさせた。

三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫釣り上げた40cmシーバス(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・佐藤)

小回りが利く点が釣りに有利

さらに、壁沿いの操船も難なくこなすのはさすが。ひと通り流して打ち終わると、潮上り(元の位置に戻る)を繰り返す。

プレジャーボートや大型船と違い、小回りが利くので、このようなポイントでは有利。安定性もバツグンで、横向きに座った状態でも揺れはまったくなく、安心してルアーキャストできる。

三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫構造物をタイトに狙う(撮影:HOT WATER・丸山 修)

移動時間短縮で「濃い」釣りを満喫

しばらく楽しんだあと、クルージングを兼ね、羽田沖へ。平らな海を滑るように疾走。機動力をいかした水上バイクなら移動時間を短縮できる。旅客機の離着陸を間近にみて走る姿は、トム・クルーズの映画でみたようなシーンに似ている。

三代目JSB山下健二郎が世界初の『釣り専用水上バイク』で新感覚の釣り満喫飛行機とのツーショットも(撮影:週刊つりニュース関東版 編集部・佐藤)

羽田沖は不発

一級ポイントのD滑走路沖をあちこち攻めるが今ひとつ。1時間ほど粘って、再び浦安沖へ戻る。だいぶ日も傾いて、いよいよ回遊魚のゴールデンタイムに突入。

鳥は低く飛び、魚探にはベイトの反応もある。連日、ボイルが発生するという情報に期待して待機するが…。残念にもナギ倒れなのか、ルアーへの反応はなく、風が冷たくなってきた16時すぎに終了。

最後の難関「着岸」も無事クリア

桟橋まで戻ってくると最後のハードル。そう、着岸が待っている。終始笑顔だったが、さすがにここは慎重になる。ゆっくり艇を進め、なんとか右舷着岸に成功、帰路に就いた。

次のページで山下健二郎さんの感想を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。