開業直前の遊漁船で試釣 ティップランで良型アオリ続々【Wingar】

開業直前の遊漁船で試釣 ティップランで良型アオリ続々【Wingar】

10月1日から遊漁船を開業した「Wingar」に乗って佐賀方面のティップラン釣行に行ってきた。開業前だったため、ポイント調査も兼ねたランガン釣行だ。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでアオリ狙いティップラン

9月29日、唐津西港から船を15分ほど走らせたところで最初のポイントに到着。
まずは水深20mくらいのポイントから始めることにした。

水深も浅く風も吹いていないため、最初は30gのエギを使う。

何度か流し直すと同船者にヒット!上がってきたのは小型のアオリイカだった。

その後、私にもアタリはあったが、アオリイカの群れのサイズが小さいと判断し、ポイントを移動。

船中アオリイカダブルヒット

次のポイントは何日か前に行ったポイントのようだ。良型も釣れたとのことだったので、期待して先ほどと同じエギを使うことした。

ここでは私は釣れなかったが、船中ダブルヒットもあった。しかし、連発にはならなかったため、さらにポイントを移動。

次のポイントで何度か船を流していくと、同船者と私にダブルヒット。上がってきたのは小型ながらも本命のアオリイカ。

開業直前の遊漁船で試釣 ティップランで良型アオリ続々【Wingar】ダブルヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士)

オレンジとグリーンカラーがアタリ!

そして、同じところを流し直すと同船者に再びヒット!

船長にうかがったところ、「島の周りなどで緑が多い場所はグリーンカラーのエギには反応がいいことがよくある」とのことだったので、私もオレンジからグリーンに替えてみたところ、アオリイカを追加でヒットさせることができた。

また、島の山肌も見えていたため、「ブラウンカラーも有効」と船長からアドバイスを受けた同船者がカラーを替えてみたところ、600gの良型アオリイカを釣ることができた。

3か所目のポイントでは皆が連発で釣って満足し、今度はまた別のポイントに行った。4か所目のポイントでは良型を狙うも小型が連発し、時間となったため納竿とした。

遊漁船「Wingar」は、船長がエギの元開発者であるため、イカに関してはいろいろと教えてもらえるので、予約して一度体験してみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Winger
▼連絡先:090(4483)6203
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。