磯でのカゴ釣りで1kg級を頭に2時間でアカハタ8尾【上甑島】

磯でのカゴ釣りで1kg級を頭に2時間でアカハタ8尾【上甑島】

鹿児島県薩摩川内市の上甑島(かみこしきしま)・里(鹿児島県薩摩川内市)でアカハタが順調に釣れている。水温が少し下がって適温になったのか、食いが盛んだ。9月下旬のカゴ釣りをレポート。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

上甑島でアカハタ狙いカゴ釣り

上甑島・里の磯のアカハタは夏から初冬によく釣れるが、今年の秋は水温が高くて場所ムラがあった。好転したのは9月の下旬から。地寄りで復調の兆しが見え、この日も里港近くの磯を目指した。

磯でのカゴ釣りで1kg級を頭に2時間でアカハタ8尾【上甑島】上甑島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

午前4時すぎに磯へ渡り、カゴ釣りの準備。ウキはケミホタルが装着できて落下衝撃に強い遠投カゴサビキ、ハリはアカハタの大きなアゴを貫通するカット真鯛を選択した。まきエサ、つけエサともにオキアミボイルとキビナゴを使い、15mほど先のサオ1本前後のタナから探った。

磯でのカゴ釣りで1kg級を頭に2時間でアカハタ8尾【上甑島】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

まずは700gのアカハタ

4、5回手返しするうちに、まきエサが効いてきたのかつけエサが取られだした。ボイルでは歯が立たず、キビナゴでも30秒ほどしか持たないので、手数で勝負。

釣り開始から30分たったときだった。ウキが消え、サオにガツンとくるアタリ。強引にリールを巻くと、700gほどのアカハタが掛かってきた。

同じ要領で同型を追加し、時合いかに思えたが、魚信は途絶えた。

サイズアップで1㎏級登場!

空が白み始めたころ、ウキがモゾモゾと沈むアタリがきた。上がったのは1kg級のシブダイだ。

アタリは続き、今度はウキがスパッと消えた。強烈な突っ込みをかわして、取り込んだのは1kg級のアカハタだった。

磯でのカゴ釣りで1kg級を頭に2時間でアカハタ8尾【上甑島】1㎏級のアカハタ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

2時間で8尾!

その後はアカハタばかりが連発し、わずか2時間ほどのサオ出しで8尾の釣果に恵まれた。

この日の水温は24度ほど。ピーク時の27度に比べて少しずつ下がっているので、魚の活性はさらに良くなっていくだろう。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
藤丸
出港場所:薩摩川内市里町里
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。