今季初の船タチウオ釣行 スローな釣りで105cm頭に7尾【洲本沖】

今季初の船タチウオ釣行 スローな釣りで105cm頭に7尾【洲本沖】

夏の釣れ盛っている間に行きたかった大阪湾の船タチウオへ10月18日に釣行。食いはかなり渋く悪戦苦闘の末、何とかメーター級を含む7尾を仕留める事ができた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・山本俊介)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣人家忠岡店でタチウオ釣り

今季初の船タチウオに行ってきた。本来なら真夏の時期に行きたかったのだが、なかなか都合が付かず、ようやく時間ができたので、どうせ出かけるなら1日便で長い時間、釣りができる船を…と見つけたのが、大阪・忠岡町から出船する釣人家忠岡店

初めてなので少し早めに待合所に行くと、数人の釣り人がすでに来ていましたが、皆さんも初めての人たちで、どこで待っていたらいいのか分からないとの事。

「午前5時半までに受け付けをして下さいとの事だったので、5時過ぎになれば誰かしら来るでしょう」と言っている間に受け付けに明かりが点いた。受け付けをして座席抽選の欄に名前を書き、抽選発表と同時に乗船となった。当日の同船者は15人ほど。

当日のタックル

当日用意したタックルは竿がアナリスタータチウオML-195、リールはレオブリッツ150JにUVFメガセンサー8ブレイド+Si(PEライン)の2号を巻いたセット。テンヤは快適船タチウオテンヤSSと同・早掛スペシャルを持参した。

今季初の船タチウオ釣行 スローな釣りで105cm頭に7尾【洲本沖】当日使用した2種類のテンヤ(提供:WEBライター・山本俊介)

風波強く場所変更

当初、須磨方面に行く予定だったらしいのだが、波風が強く洲本方面へポイントに変更になり、移動に時間がかかったが、最初のポイントでバタバタとタチウオが上がり、まずまずのスタートだ。

今季初の船タチウオ釣行 スローな釣りで105cm頭に7尾【洲本沖】洲本沖に船が集まる(提供:WEBライター・山本俊介)

ところが、二流し目はポツリポツリ程度。反応がイマイチでアタリはあるけれど追ってこない状況だ。ワンアタックだけで諦めてしまうのか後が続かない。その後、いろいろとポイントを移動してくれたが、波が高くなかなか思うように進めない状況になってきた。

反応安定せず苦戦

何とかポイントに着き、いい反応を見つけたようだ。「底から5mほどでいい反応があるよ。40mくらいにも反応があるよ」と、魚探の反応から見ても、タナが安定していない様子だったので、私は基本的には底まで落とし、スロー巻きでゆっくり探る感じでアタリを取ってみる。

9時くらいまではほとんどアタリがなく、釣れても指2本幅の波止タチウオサイズ。もっと言えば波止タチウオよりも小さい。さすがにこれは…と思いながらも後半になると、アタリも増えてサイズもアップするだろうとは思っていたが厳しい状況。

ポイント移動の繰り返しをして反応を見るが、一流しで終わったり、テンヤを落としている最中に、「濁りが酷いから上げて」と移動。

今季初の船タチウオ釣行 スローな釣りで105cm頭に7尾【洲本沖】アタリなくエサはそのまま(提供:WEBライター・山本俊介)

ようやく落ち着いた反応が…

そうこうしている内にようやく落ち着いた反応が出ている場所が見つかった。魚探の反応もいいみたいで、バタバタッと釣れ始め、私もゆっくり底から探っていると、朝とは比べものにならないほどのガツガツしたアタリが連発して、90cmクラスのタチウオが続けて釣れてくれた。

今季初の船タチウオ釣行 スローな釣りで105cm頭に7尾【洲本沖】ようやく心地いい引きを堪能(提供:WEBライター・山本俊介)

次のページでドラゴン級タチウオ登場!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。