波止のデイエギングでアオリ全員安打 濁り潮をカラーで攻略!【福井】

波止のデイエギングでアオリ全員安打 濁り潮をカラーで攻略!【福井】

10月16日早朝8時、台風19号の濁り潮で激渋となった福井県高浜町音海の波止へエギングのアオリイカ狙いで出かけた。濁り潮をエギのカラーで克服し、早速の良型ヒットで快調の滑り出しも思わぬ邪魔者が・・。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・牧野広行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

台風の影響でひどい濁り

高浜町の人気ポイントの一つ、通称・学校裏のポイントで友人ら2人と合流。まずは、3人でタックル準備。

当日のタックルは、ロッドがエギングロッド8.4ftにラインはハードコアX8プロエギング0.6号、リーダーはTB・CARBONエギリーダー1.75号。その先にスナップを結びエギをセットした。ところが、台風19号の影響で3人の目の前は白く濁り海底も覗けない海況。困惑したビギナーの友人から「どうする、どうする?」と言う不安な質問が飛ぶ。

濁り潮マスターのエギでヒット!

間違いなく苦戦が強いられる激渋状態だが、友人には強気で「大丈夫。こういう時はカラーセレクトが大切だよ」とアドバイスした。というわけで、選んだのは濁り潮マスターと評価の高いアオリーQフィンエース3.5号(LGOG)をチョイスした。

前方にフルキャストし、たっぷりフォールの時間を与え、海底までエギが運ばれた事を信じ、力いっぱいシャクリ上げた。エギからシャクリの心地いい抵抗が手元に伝わる。この3シャクリ目、いきなりのズドン。

波止のデイエギングでアオリ全員安打 濁り潮をカラーで攻略!【福井】いきなりヒット(提供:WEBライター・牧野広行)

このヒットに友人たちから「オーッ」と歓声が上がった。慎重なやり取りでゲットしたのは、先月より数段大きくなった20cm超えのトンカツサイズのアオリイカだ。

波止のデイエギングでアオリ全員安打 濁り潮をカラーで攻略!【福井】サイズもアップしているぞ(提供:WEBライター・牧野広行)

アオリイカ全員安打達成!

当日の初キャスト、初ヒットに我々3人の集中力が高まる。しばらくすると、またもや私に17cmのコロッケサイズがヒット。これを難なく堤防にブリ上げていると、隣の友人(ビギナー)のロッドがひん曲がった。

波止のデイエギングでアオリ全員安打 濁り潮をカラーで攻略!【福井】釣友の前に17cm級を抜き上げ(提供:WEBライター・牧野広行)

友人の「やったー」の雄たけびと慎重な巻き上げでゲットしたのは、これまた良型の20cm超えだ。友人はガッツポーズで大喜び、私とのハイタッチの笑顔にインストラクター役の私も大満足。その後、3人目の友人にも良型がヒットし、我々全員の良型ゲットに皆で大喜びだ。

波止のデイエギングでアオリ全員安打 濁り潮をカラーで攻略!【福井】釣友の釣った20cm超(提供:WEBライター・牧野広行)

シオ回遊でアオリ不在に

ところが、真昼の潮止まりが近づくにつれ、ポイントにアオリイカの反応が感じられなくなった。そこで、昼食休憩中の遊びでエギングタックルのエギをジグに付けかえライトジギングを始める。あろうことか沖合への1投目のフォール中に竿先がひったくられ青物がヒットしてきた。

何度かの強い引き込みをドラグでいなしてゲットしたのは、真夏の好ターゲットのシオ(カンパチの幼魚)だ。

獲物のシオはうれしいのだが、これは吉凶だ。というのも、10月も中旬だというのに海水温が下がっていない証拠なのだ。

波止のデイエギングでアオリ全員安打 濁り潮をカラーで攻略!【福井】ジグにヒットしたシオ(提供:WEBライター・牧野広行)

本来の秋のエギング条件が整っていないと言う事だ。案の定、昼過ぎからシオの群れが小魚を追うナブラが海面に出始めた。これではアオリイカはエギを追いかけられず、海底にへばり付いたまま、ますますエギングには不利な状況だ。

次のページで当日の最終釣果発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。