ボートシーバスゲームでヒラセイゴ含み16匹 トップも堪能!【静岡】

ボートシーバスゲームでヒラセイゴ含み16匹 トップも堪能!【静岡】

9月下旬に釣友の藤田さんのお誘いで、静岡県湖西市の新居漁港から出ている遊漁船でボートシーバスに出かけた。45cmヒラセイゴ頭にシーバスとクロダイ合わせて17匹と満足のいくものとなった。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ボートシーバスゲーム

ボートシーバスゲームでヒラセイゴ含み16匹 トップも堪能!【静岡】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

当日は午後11時半ごろに現地で藤田さんグループと待ち合わせ。私は現地に1時間前に着いてしまったので、先にタックルの準備に取りかかる。

当日の天候は台風が接近していることもあり、風があり濁りも入っているとのこと。水が澄んでいるときに比べればヒット数は落ちてしまうが、たぶん釣れるでしょうとのこと。

各艇に流れ止めをした後、船べりから集魚灯を水中へ下ろしていく。船長に聞くと、集魚灯の明かりでベイトフィッシュを寄せ、それを狙ってシーバスが集まってくるのだそうだ。

橋脚周りをピッチングで探る

まずは船長イチオシのルアー、ローリングベイト(チャート系)を選び、橋脚周りをピッチングで探ってみた。

ルアーが着水したら、水面直下をタダ巻きしてくる。バイトなし。続いて数秒カウントダウンした後、再びタダ巻きの繰り返し。すると、コツッとバイトがあった。しかし、乗らずにピックアップ。

ここでクリア系に結び直して再トライ。するとこれがハマり、バイトが連発。しかし、なかなか手強く、ボート際でのエラ洗いで簡単にバラしてしまう。

ジグヘッドリグで45㎝ヒラセイゴ

潮も動き始めたようで、ベイトフィッシュが集まりだし、その周囲や真下には大きな魚の群れが寄り始めた。何とか1匹獲りたいものだ。

すると、水面でベイトフィッシュを追い込んで捕食しているシーバスを発見。これはトップやライブベイトリグで出るのではと思い、フラッシュJのジグヘッドリグに結び直し、ボイルへフリップキャストした。次の瞬間、ルアーの真下から魚がバイトした。

スイープにフッキングすると、ロッドが弧を描く。引きを楽しみながらも慎重に寄せ、エラ洗いもかわしてネットランディング。キャッチしたのは、初めてのヒラセイゴ45cmだった。

ボートシーバスゲームでヒラセイゴ含み16匹 トップも堪能!【静岡】初めてのヒラセイゴは45㎝(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

その後はボイルが消えたので、再びローリングベイトに交換し、着々と数を上げていった。

トップゲームも満喫

それからは水面のあちこちでボイルが起こり、これはトップでしょ?とボーマーソルトのバドンカドンクに交換し、ドッグウォークや連続トゥイッチ、キックバックを織り交ぜて、トップゲームを満喫した。

ボートシーバスゲームでヒラセイゴ含み16匹 トップも堪能!【静岡】トップでシーバス(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

35㎝クロダイも登場

趣向を変えて、根魚でも釣れないかなと、ジグヘッドにシルキーシャッドをセットし、橋脚のシェード境をトレースしてみると、次の瞬間ロッドが引き込まれた。すかさずフッキングすると、月夜に照らされて銀鱗が目に映った。クロダイだ。慎重にランディングすると、35cmのきれいなクロダイが上がった。

ボートシーバスゲームでヒラセイゴ含み16匹 トップも堪能!【静岡】ジグヘッドリグで初めてのクロダイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

すると突然、ドラグ音とともに藤田さんのロッドがひん曲り、私も船長もビックリ。どうやら良型シーバスがヒットしたようだ。格闘の末、船底から引きずり出したのは、55cmの良型シーバスだった。

ボートシーバスゲームでヒラセイゴ含み16匹 トップも堪能!【静岡】藤田さんは55㎝のシーバス(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

次のページで最終釣果を発表!!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。