ちょい投げハゼ釣り楽し 3漁港ランガンで23cm頭に30尾【福岡】

ちょい投げハゼ釣り楽し 3漁港ランガンで23cm頭に30尾【福岡】

主人の友人らから「20cmもあるデカハゼを7尾も釣った」という情報を聞き、9月15日、行橋市の稲童港にハゼ狙いのちょい投げ釣りへ。17cmの良型ハゼを頭に30尾ほどキープできました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

稲童港でちょい投げハゼ釣り

ちょい投げハゼ釣り楽し 3漁港ランガンで23cm頭に30尾【福岡】稲童港周辺の釣り場(作図:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

満ち込みから満潮前後(午前10時ごろ)を狙う作戦。

砂ゴカイを2匹掛けし、港内の中央に2色(*1色=25m)くらい投げてから引き釣りです。

すると、すぐにアタリがあります。リールを巻くと10cmのメイタでした。リリースしてもう一度、港内の中央ごろに投げて

15cmハゼがヒット

それで、もっと港奥側の港内にちょい投げしました。すると、すぐにグィーンの良いアタリで、15cmの良型ハゼが先バリをのみ込んで釣れました。

同じポイントに投げて引き釣りを始めるとすぐにハゼがダブルでヒット。意外と近くの浅場に潜んでいるようです。

主人は船道側の波止から釣ってセイゴの20cm、続いてキス15cmと波止側の方が良さそうです。でも、今回は大きなハゼを狙っているので「どこにいるのかしら」と、私は投げ歩きます。

しかし、デカハゼは釣れないので沓尾(くつお)漁港に移動です。

沓尾漁港近くの祓川へ

ちょい投げハゼ釣り楽し 3漁港ランガンで23cm頭に30尾【福岡】沓尾漁港周辺の釣り場(作図:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

小さな港で、その隣りが祓(はらい)川というハゼの有名釣り場。波止からその河口を狙います。

海草テンビン・オモリ12号を使って2色半投げます。ちょうど川の真ん中ごろに着水し、引き釣りをすると、すぐに15cmの立派なハゼが釣れました。

主人は、オモリ15号で、やや遠投して17cmの良型。この後、10~12cmが入れ食いです。対岸の海岸からも投げてみましたが、10~15cmのハゼ・メイタ・フグの入れ食い(ハゼだけキープしました)。

ちょい投げハゼ釣り楽し 3漁港ランガンで23cm頭に30尾【福岡】良型ハゼをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

主人はパワーイソメ ソフト(赤イソメ・中)でハゼのダブルヒットが三度もあったり、同(桜イソメ夜光・中)でメゴチの23cmも釣り、「このエサ、食いがいい」とのこと。

当日の最終釣果

結局、今回は3か所の釣り場で3時間ほど釣りハゼを30尾ほどキープできました。どこの釣り場もそうですが、みなさんゴミの持ち帰りをお願いします。

<週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
稲童港
沓尾漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。