山中湖のドーム船でワカサギ86尾 エサの鮮度がキモ!【旭日丘観光】

山中湖のドーム船でワカサギ86尾 エサの鮮度がキモ!【旭日丘観光】

9月21日(土)、山中湖の旭日丘観光で、ドーム船のワカサギ釣りを楽しんできた。前週にもチャレンジしたが、今シーズン最悪の日に当たってしまった。リベンジ釣行をレポート。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

直近のの状況

山中湖へ到着し、状況を伺ってみる。少しは良くなってきているものの、このエリアとしてはまとまった雨が降っていないのが気になるとのこと。

台風通過後にターンオーバーが残り、湖は水温が下がらないまま濁っている。そのためワカサギの群れは底に定位せず、かなりの上層をばらけて回遊している。

山中湖のドーム船でワカサギ86尾 エサの鮮度がキモ!【旭日丘観光】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

間違いなく言えるのは、この状況ではボトムでの釣りは成り立たないということ。平均してエサを追ってくれるのは、底から1mほど上のタナであることは、これまでの情報で分かっている。

ドーム船は『ママの森』へ

定刻にドーム船は出船し、まっすぐママの森へと向かった。多くのポイントをこれまでも試していただいた結果、平均するとこのエリアで回遊を待つのが良いだろうという判断である。

山中湖のドーム船でワカサギ86尾 エサの鮮度がキモ!【旭日丘観光】ドーム船釣行に必要なもの(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

単発回遊を狙い撃ち

釣り開始の合図とともに、自前の魚探をセットしてスイッチオン。画面にはワカサギの群れが映し出された。急いで仕掛けを入れると、1尾ずつではあるがワカサギが釣れてくれる。

山中湖のドーム船でワカサギ86尾 エサの鮮度がキモ!【旭日丘観光】魚探に大きな群れが映ることも(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

船中はにわかに活気づいて、いたるところでワカサギが釣れ始めた。しかしそれも長くは続かず、すぐに静まり返ってしまった。

それでも適度なインターバルで群れが回遊してくるので、逃さないように確実に釣り上げていく。群れが通過するタイミングに仕掛けを下ろしていないと、また次の回遊まで待つといった具合だ。

エサの交換が重要

それでも10時頃までには飽きない程度に釣れてくれたので、船中でも盛り上がりの声が続いていた。しかしその頃になると、回遊が途切れてさらに難しさを増した。

山中湖のドーム船でワカサギ86尾 エサの鮮度がキモ!【旭日丘観光】少し大きめのサイズが多かった(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

誘い続けていると、群れを少しは呼び込んでくれる。この時に大切なのは、エサを常に新鮮なものに交換していること。釣れないからといってそのままでは、ワカサギも美味しそうに見えないからと足を止めてくれない。

当日の最終釣果

こんな感じで釣り続けたが、小さな誘いの合間に、大きくタナを外すような誘い上げが効果的だったり、動かし続けてリアクションで食わせたり、それなりテクニックも必要で面白かった。結果はかなり頑張ったが、86尾の釣果であった。

山中湖のドーム船でワカサギ86尾 エサの鮮度がキモ!【旭日丘観光】秋にかけて釣果は上向いていく(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

今後の展望

今後は秋の深まりとともに、水温も下がって群れも底に落ち着いてくれるだろう。本記事が皆さんのお目にかかる頃には、秋の爆釣が始まっているかもしれない。

ドーム船は、雨が降っても大丈夫。雨でほかの釣りは躊躇するようなときでも、よほどの悪天候でない限り釣りを楽しめる。この秋は、皆さんもドーム船で家族や仲間とワイワイ楽しんでみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース関東版 野地文雄 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
山中湖
旭日丘観光
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。