アマダイ狙いタイラバで43cm頭に本命連発 縄張り意識を利用【新潟】

アマダイ狙いタイラバで43cm頭に本命連発 縄張り意識を利用【新潟】

9月10日(火)、新潟県新潟市の沖を、アマダイ狙いで探った。40cm前後の良型が数上がった。ゲストのマダイも好調で、嬉しい限りだった。他にも旬のマサバも釣れ満足のいく釣行となった。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

新潟東港からアマダイ狙いで出艇

新潟東港を6時に釣友とプレジャーボートで出艇。天気は晴れで水温は25度だが、先日まで降り続いた雨の影響で海に流れ込む河川が濁り、近海は影響を受けている。

いつもは港から20分ほど、水深60m前後の砂地のポイントを攻めるのだが、濁りがきつく、とても魚がいるとは思えない。仕方なく、普段は狙わない深いポイントに走ることにする。

10分ほど移動して、濁りの影響が薄い水深90mの砂地ポイントに到着。川水の影響はまだ強く、上潮が速いのでパラシュートアンカーを投入してから開始する。

タイラバのセッティング

6.8ftの鯛ラバ竿にベイトリール。ミチイトはPEライン1号200m。リーダーは16lbを1ヒロ。100gの鯛ラバをセットする。

アマダイ狙いなので、カラーセッティングはヘッドのカラーをピンク系、ネクタイのカラーをグリーン系にする。ターゲットの縄張り意識を刺激するセッティングで、自分の体色に近い色にすることで敵を追い払う動作をさせて掛けようという作戦。

通常の鯛ラバは、海底まで落としたら30~40m巻き上げて再び落とす、を繰り返す。しかし、海底に穴を掘ってエサを待つアマダイに対しては、5mほど上げたら落とす。

本命をキャッチ、ゲストはマダイ

ヘッドの重さは100gだが、底潮が速く、なかなか海底は取れない。なんとか底を取りながら続けていると、まずは釣友が32cmを釣り上げる。

アマダイ狙いタイラバで43cm頭に本命連発 縄張り意識を利用【新潟】グッドサイズに笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗)

これを皮切りに、1尾また1尾と上がってくる。サイズは32~43cmが3人で7尾と好調だった。

マダイにマサバも確保

エサ釣りをしていた釣友はかじられもしなかったので、縄張り意識を利用したセッティングは有効だったと確信。

マダイも好調で魚探の反応が中層に出れば、40mくらい上げるとしっかり釣れてくれた。マダイがゲストとは嬉しい限りだ。 帰港中に旬のマサバも確保して、14時に港に戻った。

アマダイ狙いタイラバで43cm頭に本命連発 縄張り意識を利用【新潟】良型をキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗)

この釣法は、ほかの魚種でもできるだろう。ぜひ試してもらいたい。

<週刊つりニュース関東版 鷲津新一朗/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
出船場所:新潟東港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。