夕マヅメ波止からのショアジギングで本命サゴシ手中【鍋串漁港】

夕マヅメ波止からのショアジギングで本命サゴシ手中【鍋串漁港】

9月14日、サゴシ(小型サワラ)の調査を試みるべく髙木さんと2人で佐賀・伊万里湾へ行くことにした。当日は夕マヅメの短時間釣行なので昼過ぎに自宅を出発。数日前に髙木さんがサゴシやネリゴが釣れたとのことで今回は福島(長崎県松浦市)の鍋串漁港に決定。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鍋串漁港でショアジギング

現地に到着し、波止の中央から先端付近に釣座を構えた。2人ともメタルジグをセットしてフルキャスト。早速、ロッドが曲がるがエソの洗礼からスタートとなり苦戦が予想される。沖合いにナブラやボイルがぼちぼちと見え始めたので期待しながらキャストを繰り返す。

夕マヅメ波止からのショアジギングで本命サゴシ手中【鍋串漁港】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・成田義史)

しばらくしてロッドがギュンと曲がったが、その瞬間にラインがフワリとなり、メタルジグロスト。間違いなくサゴシのバイトだ。が、その後も同じようにバイトがあるが、そのたびにメタルジグをロストする。

本命サゴシヒット

短時間勝負のため、最小限の準備しかしておらず焦りがでてくる。

ボイルがキャスト範囲内に勃発し、髙木さんにヒット。しっかりとサゴシをキャッチ。型は40cmから45cmといったところだが、これから12月にかけて徐々にサイズもアップしてくると思われる。

また、伊万里湾はサゴシだけでなく、小型の青物の回遊もあり、足場の良い波止からでも十分楽しめる季節になってきた。思わぬ一発もあるので、タモかギャフのどちらかは必ず準備をしておきたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・成田義史/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鍋串漁港
この記事は『週刊つりニュース版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。