エギング&メッキゲームで秋満喫 400gアオリイカ手中【相賀浦漁港】

エギング&メッキゲームで秋満喫 400gアオリイカ手中【相賀浦漁港】

まだまだ残暑の厳しい毎日ではあるが、釣り人には絶好の季節がやってくる。特に私が大好きなルアーフィッシングでは、秋の新子アオリイカ狙いのエギングや、この時期限定の青物やメッキゲームと、ワクワクが止まらないシーズンが訪れる。

三重県県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

相賀浦漁港でメッキゲーム&エギング

そんな秋の訪れを感じるため、9月8日の夕方から三重県・南伊勢町の相賀浦漁港へと車を走らせた。

当日は台風の影響からウネリが入り、外海の堤防などでは釣りができる状況ではなく、穏やかな漁港内に狙いを絞ることとした。

小型のミノーでリサーチ

早速キャストを開始する。まずは小型の青物とメッキを狙うため、小型のミノープラグで漁港内を横歩きしながら、手返し良く探ってみる。

海面を見ると、多くの小魚が群れて泳ぎ潮も動いている。いつ青物などの捕食意欲にスイッチが入ってもいい状況だ。

辺りがうっすらと暗くなり、夕マヅメのゴールデンタイムに突入。潮の流れも時間とともに、さらに勢いを増してきた。

すると、海面をピチャッ、ピチャッと小魚が海面に飛び出し、至る所で明らかに逃げ惑う小魚の状況がうかがえる。

これはキタ~。チャンスタイムに突入だ。

不規則なアクションで本命ヒット!

高鳴る鼓動を抑え、速射砲のごとくルアーを投げまくる。すると、ルアーの後ろに無数の影。すごい勢いでルアーを追ってくる。

しかし、なぜかなかなかヒットに持ち込めず、悩ましい状況。そこで、ルアーアクションを激しく演出。

サオ先をピシ、ピシッ、ピシ、ピシッとシャープに動かし、ルアーに不規則な動きを与える。すると一撃。ルアーに絡みつくように次々アタックしてくる。

エギング&メッキゲームで秋満喫 400gアオリイカ手中【相賀浦漁港】メッキがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

キャッチしたのは、20cm程度のメッキ。ヒットアクションが分かったこともあり、そこから数匹を連続ヒット。元気のいい引きを存分に楽しませてくれた。
そして、海面は静まり、一段落したところで、お次はエギングにチェンジ。

エギングでは400gアオリイカ

エギング&メッキゲームで秋満喫 400gアオリイカ手中【相賀浦漁港】エギングタックル(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

好奇心旺盛な新子イカには、キレッキレの激しいアクションが有効だ。
すると、早速釣友の岡さんにヒット。ギュンギュンとロッドが締め込まれ、この時期では非常に良型となる400gのトンカツサイズだ。

そして、アタリを待つ私のロッドもクイッと引っ張られ、明確なアタリから元気なジェット噴射を堪能。この日は、秋の訪れをしっかり感じることができたこともあり、2時間程度で早めの納竿とした。

エギング&メッキゲームで秋満喫 400gアオリイカ手中【相賀浦漁港】元気なジェット噴射を堪能(画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

今後はメッキ、アオリイカはサイズアップが期待でき、頻繁に青物の回遊が見込める季節になってくる。

秋のベストシーズンは、ここからだ。

▼この釣り場について
相賀浦漁港

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基 /TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年9月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。