波止エギングで18cmまでのアオリイカ新子連発 沖漬けノルマ達成【福井】

波止エギングで18cmまでのアオリイカ新子連発 沖漬けノルマ達成【福井】

9月12日は仕事だったが、急遽仕事後に釣行の予定を立てた。午後8時半ごろ、福井県福井市の越廼にある茱崎に到着。ここから良さげな所だけをピンポイントで攻める早足ランガンで、越前までたたく予定だ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

18cmまでの新子が6連発

波止エギングで18cmまでのアオリイカ新子連発 沖漬けノルマ達成【福井】タックル図
(提供:週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光)

茱崎漁港は広いので1カ所2投までで、無反応なら即移動を繰り返す。茱崎は反応がなかったのですぐ移動。何カ所か移動を繰り返していると、カーブフォール、フリーフォールでドスンと重みが伝わってきた。

間髪入れずロッドを少し起こすと、グィグィというイカ独特の引きに変わった。引き具合から「かなり大きくなったな~」と寄せてきて抜き上げると、胴長13cmぐらいのアオリイカだった。

そこから連続ヒットモードに突入。ほとんど似たサイズが連発だ。中にはドスンというアタリで、今季最大サイズの胴長18cmまで飛び出した。そして6連発した後、急に止まってしまった。

今回は沖漬けを頼まれていたので、タッパに入れたタレにアオリイカを入れていく。クーラーボックスからタッパを出しては入れる作業は面倒くさく、スミをかけられやいのだがこの連発でノルマ達成。後は刺し身用の調達だ。

移動先では7連発!

また移動し、何カ所かはダメだったが、1投目から乗ってくるポイントを発見。しかもまた連発だ。潮見表を見ると、翌日から大潮なので大きくなるための荒食いをしているようだ。ただこういうときは慎重に捕食するようで、低活性時のように慎重に触ってきてから抱く感じで、乗せるのは簡単ではない。

この日2回目の連発ポイントは7匹でストップ。粘る気もないので即移動する。後は連発がなく、残りの場所で2匹までを拾って歩く感じだった。結局大樟まで行く予定だったが、梅浦までにノルマを達成してしまい時間も午後10時半になっていたので終了とした。

波止エギングで18cmまでのアオリイカ新子連発 沖漬けノルマ達成【福井】釣果は胴長18cmまでを17匹(提供:週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光)

当日の最新釣果

帰宅後釣果を見ると、胴長18cm頭に17匹だった。1カ所で伸びても7匹までなので、絶対数は少なめで場所ムラも激しく、場所によってサイズもバラバラだった。

越前のアオリが大きくなったということは、サーフのアオリはもっと大きくなっているはず。海況が良ければ今度は日中にサーフエギングをやってみようと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・中西弘光 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
茱崎漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年9月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。