磯フカセ釣りで40cm超え尾長&口太グレ手中【三重県・寺島】

磯フカセ釣りで40cm超え尾長&口太グレ手中【三重県・寺島】

三重県・紀東磯は、8月の後半ぐらいからエサ取りも減り、潮次第で良型の尾長グレも釣れているとのことで、釣行へ赴いた。当日は45cm尾長に、40cm口太、そしてイサキまで釣れて好調だった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・武田英敏)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

エサ取りの状況

三重県・紀東磯は、7月に入ってから各磯でイナダが湧いてしまい、サシエサがほとんど残らない状況でグレ釣りが成立しなかった。

そして、ウネリがなかなか取れず、駄目押しに猛暑も厳しく、磯行きはしばらくお休みしていた。8月の後半ぐらいからエサ取りはいるがうっとうしくなく、潮次第で良型の尾長グレも釣れたとのことで、9月2日にいつもお世話になる尾鷲の大ちゃん渡船を訪れた。つりエサ市場・尾鷲店でマキエサなどを購入して乗船場へ。

「寺島のワレ」でフカセ釣り

午前8時(午前8時~午後6時の釣り)に出船して、沖の寺島のワレに渡礁した。

マキエサは生オキアミ6kg、配合エサはマルキユーのV9徳用、遠投フカセTR、VSP、イワシパワーグレスペシャルを各1袋、ボイルオキアミ1.5kgは別で仕切りバッカンに準備。サシエはマルキユーのスーパーハードL、くわせオキアミV9のL、特鮮むきエビ、ボイルオキアミL。ウキは寺島の浅ダナから深ダナを瞬時に交換できる、釣研のカン付きウキ・K‐6の00号~5Bを使用する。

磯フカセ釣りで40cm超え尾長&口太グレ手中【三重県・寺島】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・武田英敏)

午前9時に開始。潮流は斜め左前から突いて右側へ流れる良くない潮。サシエサは1投ごと残らないが、足の速いエサ取りはおらず、潮さえ変われば期待できそうだ。

30cmカワハギと32cm尾長から

1時間後にアタリがあり、ありがたいお土産のカワハギ30cmをゲット。なかなかいい潮流にはならないが、右側へ流れるのが少したるんだ時に32cmの尾長グレがヒット。

その後、右側へ速く流れたりといい状況とはいえず、アイゴやシオがヒットするも、なかなか本命の15~20m沖でヨレる潮にならない。

磯フカセ釣りで40cm超え尾長&口太グレ手中【三重県・寺島】ポイント風景(提供:週刊つりニュース中部版 APC・武田英敏)

潮がたるむと尾長グレ連続ヒット

正午すぎ、半夜釣りで小ワレに渡礁した人が45cmの尾長グレをゲット。私のポイントでも潮がかなりたるみ気配ムンムン。正直なもので、38cmの尾長グレを取り込み、すぐに良型のハリ外れ、チモト切れ、時合いなのか尾長グレ30cmオーバーが連続ヒットした。

潮流に少し変化があり、今度はアイゴ、イスズミがヒットしだしたので、グレの時合いは終了の予感。それでも、きれいに仕掛けがなじむ時に尾長グレ30cmオーバーを2匹追加するが、サイズアップしない。

潮変わり40cm超え口太!

磯フカセ釣りで40cm超え尾長&口太グレ手中【三重県・寺島】当日使用したウキ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・武田英敏)

午後1時40分ごろ、干潮の潮止まりとなると、磯際でエサ取りが活発になったため休憩タイム。休憩後、サシエは1投ごと残らないためウキ、タナ、ポイントを変えて狙うも答えは出ない。

午後3時ごろ、口太グレ35cmをゲットすると、尾長グレの潮がなくなった感じ。今度は潮流が左に変わる感じで、雰囲気が出るも、いまひとつ尾長グレが動ける潮ではないのかアイゴ、ニザダイがヒットしてきて、潮がたるんだ時が勝負かと仕掛けを打ち返す。

午後4時ごろ、やはり潮がたるんだ時にヒット。重量感もそこそこあり、磯際でのしつこさがなかったが40cmオーバーの口太グレ。その後36cmの口太グレを追加した。

イサキが2連続ヒット

いまひとつ尾長グレの潮流ではないが、悪い潮ではない。土産にはうれしいイサキ2匹の連続ヒットに、アイゴにニザダイ。納竿30分前に尾長グレ30cmがヒットしたので潮変わりかと期待したが、サシエサは残らず納竿となった。

磯フカセ釣りで40cm超え尾長&口太グレ手中【三重県・寺島】当日使用したマキエサ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・武田英敏)

今後の展望

今回の釣行は、良型の尾長グレは不発に終わったが、久しぶりの磯釣りでいろいろな魚がヒットして楽しい釣行だった。

ワレに渡礁するたびに思うが、尾長グレがヒットしてくる潮流は、「この潮、今がチャンス」といった感じで、仕掛けのなじみでおよそ的中できるぐらい分かりやすい。

9月いっぱいで2カ月の禁漁期間に入った寺島磯。解禁後に期待だ。

<週刊つりニュース中部版 APC・武田英/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
寺島
問い合わせ:大ちゃん渡船
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年9月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。