タイラバで45㎝頭にマダイ20尾 ショートバイト対策は3本バリ!

タイラバで45㎝頭にマダイ20尾 ショートバイト対策は3本バリ!

9月1日、雨は降るが波はない予報。小倉港ガイドサービスセブンに空席があった。状況は船長も出船ができてないため未知数。だが水温は高いしオフシャロをするとのこと。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

小倉港からオフシャロ釣行へ

出船して約1時間、山口県下関市・川棚沖の水深20~25mラインに到着。雨は降っているが、鳥がいて水面がざわざわしている。

早速、釣り開始。私はスピニングタックルで広範囲を狙う。ルアーはタイラー60g。

タイラバで45㎝頭にマダイ20尾 ショートバイト対策は3本バリ!ジギング・タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 編集部)<

早々に3kgヒラゴ連発!

1投目から中層フォールでいきなりバイト。上がってきたのは3kg級のヒラゴ。水面を騒がせてる小魚を追ってるみたいだ。

同船者も皆さん同じサイズのヒラゴ。しかしタイラバには反応しなくて、タイラーをゆっくりシャクるとフォールでアタる感じだ。リリースをしてもしても釣れる。久しぶりの釣りはやはり楽しいし、ヒラゴとはいえナイスFIGHT。

ナブラ打ちで80cmサワラ!

適度に満足した後、少し沖に違うナブラを船長が発見したので行ってみる。到着後に釣り開始。何人かジグをいきなりロスト。リーダーから切られている。私は辛うじて切られないで済んだ。正体は80cmぐらいのサワラだった。

タイラバで45㎝頭にマダイ20尾 ショートバイト対策は3本バリ!サワラをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

しかし後が続かず、船中サワラは1尾。それと同時に予報に反して雨と横殴りの風が吹きだしてきたため、浅場の関門海峡寄りに戻ることに。

タイラバ斜め引きで本命連続ヒット

そこでは魚群探知機にベイトがかなり映っている。しかし風が強いため船が流され、タイラーをうまく動かすことができない。ロッドを持ち替え、タイラバの超斜め引きに作戦変更。これが功を奏したのか、私は納竿までに30~45cmのマダイを20尾ほどの好釣果。

タイラバで45㎝頭にマダイ20尾 ショートバイト対策は3本バリ!タイラバ・タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

ショートバイト対策は3本バリ!

同船者の皆さんもその様子を見てタイラバに変更してたが、なかなか姿を見せない。理由はタイラバ3本バリのセッティングの差だった。船が2kt以上流されるのでフッキングがかみ合わなく、ショートバイトや浅い掛かりのため途中で抜けたりバラしたりする。

私は対策としてジャンプパーツを使い3本バリにし、じゃれつく程度でフッキングできるようにしていた差がでたみたいだ。

タイラバで45㎝頭にマダイ20尾 ショートバイト対策は3本バリ!強風の中タイラバで攻略(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁)

同船者も不思議がって聞いて来られたため、私はジャンプパーツかな?と返答。ジャンプパーツを持ってなかったみたいなので使ってみます?と渡した。そうすると隣で3連続マダイヒット!同船者もびっくりで、私も安堵。

雨風がその後ひどくなり、ストップフィッシング。状況が悪い中、ヒラゴ、マダイ、サワラでクーラー満タン。その上、港で船長が釣った魚の腹出しサービスまでしてくれるし、最高の一日となった。やはり釣りは楽しい!

<週刊つりニュース西部版 APC・吉田信仁/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ガイドサービスセブン
出船場所:小倉港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年9月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。