トップチニングゲームで45cm本命 激渋時に激流でヒット【熊本県】

トップチニングゲームで45cm本命 激渋時に激流でヒット【熊本県】

8月下旬、午前5時に山本釣具センター宇土店の新人・村上君と一緒に、トップ・チニングをするために熊本県上天草市の上島へ。当日は、低活性だったが急な流れがある変化のある場所を狙い45cmハイクオリティなチヌをゲット。ゲストにシーバスも御用。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・山田秀樹)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

天草上島でトップチニング釣行

村上君とは一度だけ、しかも短時間だけ一緒にトップ・チヌゲームをレクチャーするのに天草の手前で並んでサオを出して以来の釣行である。「今回こそは何とか魚の顔を拝ませたい!」と、実績のある有明町沿岸の地磯へと連れていく。

トップチニングゲームで45cm本命 激渋時に激流でヒット【熊本県】有明町の地磯略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山田秀樹)

時合いも満ち潮を選んで、これもばっちり合わせた。だが一つ不安な事が。それは梅雨前線の停滞の影響で、前日まで1週間ほど大雨が降っていた事だ。ウエーダーに着替えて釣り場へと行ってみると、心配していた通り濁っている。「こりゃあ~、完全に水潮だなぁ~」とがっくりする私たち。

それでも「活性の高いチヌが居るかもしれない!」と、岬の先端やワンド部分などにチヌ用のトップウオーターを通して反応を見てみる。しかし、無反応だった。

朝マヅメのゴールデンタイムを何もないまま過ごした私たち。のんきな私もついに焦りだした。

ポイント移動も激渋状態

トップチニングゲームで45cm本命 激渋時に激流でヒット【熊本県】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山田秀樹)

そして、雨が続く前までは絶好調だったメインの場所へと行ってみる。

あんなにチヌの魚影が濃い場所が、まるで魚影を目視できずに閑散としていた。普段、黒い魚体が右往左往するスリットにも全然黒い影はなし。それでも手(アクション)を替え、品(トッププラグ)を替えてキャスト&リトリーブを繰り返す。

すると、大きめのペンシルベイトの2mほど後ろの、水深の深い場所をチヌが追ってきているのが目視できた。いることはいるのだが、表層まで出てくる元気がないのか?状況は低活性というよりも、まさに激渋状態である。

流れのど真ん中から45㎝チヌ!

その中で、少しでも高活性の場所はないのかと辺りを見回してみると、潮下の方に流れが急な場所を発見。それもだんだんと流れが強くなり、ガンガン流れるようになってきた。

普段ならガンガン流れる所は、食いは立つがバイト率に対してヒット率が低いので、流れの前や脇の緩い所で食わせるのだが、今回は大きめのペンシルベイトを流れのど真ん中を横切るようにキャスト&リトリーブする。

流れの一番キツい所で「ボシュッ」という捕食音とともに海面にあったルアーが消えた。半呼吸置いてからアワセを入れると、重量感がロッドに伝わった。

このガンガン流れる潮に乗られるとまずいので、一気にロッドを立ててリールをゴリ巻きし、流れの表層を滑るように寄せてくる。そして、ネットに収まった魚体は45cmほどのチヌであった。こうして何とかチヌの顔を村上君に見せることができた。

トップチニングゲームで45cm本命 激渋時に激流でヒット【熊本県】45㎝級クロダイ(作図:週刊つりニュース西部版 APC・山田秀樹)

シーバスも顔を見せた

そして、場所移動した先で村上君にも待望のアタリが! トップに反応したのは、びっくりするほど小さいシーバスであった。しばらく彼のあだ名は「村上セイゴの介」となるであろう(笑)。

トップチニングゲームで45cm本命 激渋時に激流でヒット【熊本県】本命ではなかったがシーバスに笑顔(提供:週刊つりニュース西部版 APC・山田秀樹)

<週刊つりニュース西部版 APC・山田秀樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
場所:上天草市上島 周辺
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年9月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。