日曜夜6時放送「国民的アニメ」でも有名な巴川でハゼ釣り満喫【静岡】

日曜夜6時放送「国民的アニメ」でも有名な巴川でハゼ釣り満喫【静岡】

9月に入り秋を感じる日も増えてきた。そんな中、今回は友人3人と秋の風物詩とも言えるマハゼを狙って静岡市を流れる巴川に行ってきた。ゲストのヒイラギ、ともに本命ハゼのアタリも多く、初心者の友人とともに楽しめる一日となった。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・永井 航)

Wataru_Nagai
Wataru_Nagai

初めまして、永井航です。現在は静岡市を中心にショアジキングをはじめとする様々な釣りを行っています。楽しい釣りライフを一緒に送りましょう!

Wataru_Nagaiの担当記事を読む
×閉じる

海釣り 堤防釣り

巴川でハゼ釣り

川のどこにハゼがいるか等の前情報がないため河口よりやや上流から探ることにした。また友人の中には未経験者もいるがハゼは仕掛けも釣り方も簡単なので初心者でも十分に楽しめる。

秋の行楽シーズンに家族での釣りにオススメだ。

ちなみに巴川は日曜日夜6時放送の国民的アニメにも登場している。同河川はハゼ以外にもシーバスやクロダイが狙え、またヒラメやカマス等、海の魚も釣れることもあり、様々な釣り物が楽しめる。もちろん淡水の魚も狙う事が可能だ。

友人には本命も筆者にはヒイラギ

仕掛けは竿に合わせてそれぞれがハゼ天秤やちょい投げ用の天秤を使った。針は糸付きの袖針やハゼ針を使用し、ハリスを足すとこもしない簡素なものを今回は選んだ。

準備を終え、それぞれが1投目を投じると、すぐに魚から反応が出た。友人にはハゼがヒットするも私には外道のヒイラギ。予想よりも海水が上にまで来ているようだ。

日曜夜6時放送「国民的アニメ」でも有名な巴川でハゼ釣り満喫【静岡】ゲストにヒイラギ(提供:WEBライター・永井 航)

シーズン序盤で難易度は高め

魚はシーズン序盤というのもあり小型が多いようでアタリを乗せるのは決して簡単とは言えない状況だった。 移動するか迷いもしたが、ハゼとヒイラギの反応を足すと毎投必ずアタリが出ることとハゼのサイズ自体は移動しても余り変わらないだろうと予想し、移動せずに沢山出るアタリとそれをヒットに繋げるゲーム性を楽しむことにした。

一番の懸念だった初心者の友人は釣りを趣味にする私を含めた他3人と同等、外道も含めた釣果では上回る勢いだったのでひと安心。

日が落ちかけ夕マヅメになってくるとヒイラギのアタリがとても増えてきたため、私は友人よりも少し早く竿を閉まった。

最終釣果

今回はハゼの数や場所の調査的な意味合いの強い釣行だったため1時間程と短時間であったが本命を1人5~7匹程度、外道を含めると全員が二桁は魚をキャッチし充分に楽しむことができた。

日曜夜6時放送「国民的アニメ」でも有名な巴川でハゼ釣り満喫【静岡】当日の釣果(提供:WEBライター・永井 航)

今回の釣行では釣れることはなかったが、過去に巴川で行ったハゼ狙いの釣行ではシロギス、クロダイやキビレの幼魚、クロサギやコトヒキなど多彩な外道が顔を見せることもあり、そちらの面でもファミリーフィッシングに適している。また外道の顔ぶれを楽しむのも小物釣りの楽しみの1つだ。

今回の釣行場所は河川敷などはなく川に向かって降りなくても竿を出すことは問題なくでき、転落する心配もないような場所がほとんどで比較的安全に釣りを楽しむことができる。

都市河川のハゼ釣りを楽しもう

今回はちょい投げでハゼ釣りを楽しんだが、ミャク釣りや浮き釣りでもハゼを狙うことができるため、自分にあったそれぞれのスタイルで小物釣りを楽しむのもありだろう。

巴川に関しては川の横は商店や住宅地、さらに周辺には小学校があり、周辺住民の生活路や散歩を楽しむ方の道となっている。そのためどんな釣り場でも言えるがゴミの放置は厳禁だ。また騒音やキャスト際に車両や人が居ないかどうか細心の注意を払って周辺住民の安全にも配慮をして欲しい。

<永井 航/TSURINEWS・WEBライター>