メッキゲーム&ワインドタチウオ釣行で両者攻略成功【和歌山県】

メッキゲーム&ワインドタチウオ釣行で両者攻略成功【和歌山県】

9月11日、ルアーでメッキとタチウオを狙おうと思い、和歌山の水軒鉄鋼団地に釣行。日のあるうちはメッキ、マヅメからはタチウオを狙い、どちらも攻略に成功。まだまだサイズは小さかったが、楽しいひと時を楽しむことができた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

明るいうちはメッキ狙い

メッキゲーム&ワインドタチウオ釣行で両者攻略成功【和歌山県】釣り場風景(提供:WEBライター・谷口墨人)

現地には16時に到着。曇天で北風が吹いていたが、和歌山港内なので波は弱かった。平日だが、足場のいい釣り場には多くの釣り人がサオを出していて、賑わっていた。周りを見てみると、13cmクラスの小アジがサビキのサオ下狙いで数釣れているので、ベイトは多そうだ。まずは最近よく釣れているメッキを、ヘビーシンキングミノーで狙ってみる。

イワシカラーミノーで18㎝本命

メッキゲーム&ワインドタチウオ釣行で両者攻略成功【和歌山県】メッキ狙いで使ったルアー(提供:WEBライター・谷口墨人)

メッキは20cm以下の小型が多いが、潮がいい時は数が釣れている。まずは定番の赤金カラーのミノーをチョイスし、中層から表層をトゥイッチを入れながら、速巻きで引いてくる。

しばらく探っていくが、バイトはない。先月にはカマスの回遊があったので、残っているかもと思ったが、こちらも気配はない。

イワシカラーのミノーに変更して表層を探っていると、グーンとバイトした。メッキは小型だが、ライトタックルなのでやり取りはスリリングだ。右に左にと走り回る引きをロッドワークでかわし、抜き上げたのが、18cmクラスのメッキ。連発を期待したが、その後はバイトがなく、単発だった。

マヅメからはワインドタチウオ

メッキゲーム&ワインドタチウオ釣行で両者攻略成功【和歌山県】1匹目の65cm(提供:WEBライター・谷口墨人)

17時を過ぎると、周りのルアーマンがワインドでタチウオを狙い始めた。9月に入ってからは、60~70cmクラスの小型のタチウオが釣れ始め、指4本幅の良型も交じって釣れている。私もタチウオ狙いに変更し、21gのジグヘッドにパワーシャツド5inchの頭をカットしてから装着。できるだけ遠投し、着水後ボトムまでカウントダウンさせてから、表層までシャクり上げてくる。

18時を過ぎると、近くのルアーマンがワインドで70cmクラスのタチウオをヒットさせた。回遊が始まったと思いながら中層をシャクっていると、グンとバイトがあったがハリ掛かりしなかった。

小型はハリに掛かりにくいので、先発隊は小型の群れかと思いながら表層をシャクっていると、ガッーンとバイト。シャクリがアワセになり、そのまま寄せにかかる。グングンと始めは抵抗したが、後は引きが弱くなり、小型のようだ。ゆっくりと抜き上げたのが、65cmのタチウオ。これは小型なので、リリースした。

小型主体もバイト連発!

中層を探っていると、またガッーンとバイト。グングンと引きを味わいながら70cmのタチウオをキャッチ。今が時合のようで周りでも、小型のタチウオが釣れている。

メッキゲーム&ワインドタチウオ釣行で両者攻略成功【和歌山県】70cmのタチウオ(提供:WEBライター・谷口墨人)

やがて日が暮れてくると、ジグヘッドの上にケミホタル50をセット。中層をゆっくりと棒引きさせていると、グーンとバイトした。が、これはすぐにフックアウト。次投も中層をゆっくりと棒引きさせていると、またグーンとバイト。大きくアワせるとグングンと引きが伝わるが、寄せ始めるとすんなりと寄ってくる。65cmのタチウオをキャッチしたが、これも小型なのでリリースした。

小型の群れが回ってきてバイトは多いが、キープサイズが少ない。そして、釣れ始めてから30分ほどでバイトがなくなった。エサ釣りでは時折電気ウキにアタリがあり、小型のタチウオが釣れている。これからはエサ釣りの時間のようだ。

その後も、中層から表層を探って投入を繰り返したがバイトはなく、20時に納竿した。今後海水温が下がってくると、和歌山港内でのタチウオ狙いは、良型も交じって釣れてきて面白くなりそうだ。

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
水軒鉄鋼団地