夜焚きイカメタルゲームで35cm頭にケンサキイカ28尾【山口・夢楽丸】

夜焚きイカメタルゲームで35cm頭にケンサキイカ28尾【山口・夢楽丸】

8月10日の夜、山口県・下関港の夢楽丸を利用して、ケンサキイカ狙いのイカメタル釣行に出かけた。胴突き仕掛けで100尾超、イカメタルで80尾超と、日ムラがあるがよく釣れているとのことで大きく期待をする。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・村治篤)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

開始1時間で10尾

夜焚きイカメタルゲームで35cm頭にケンサキイカ28尾【山口・夢楽丸】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・村治篤)

予定通り午後6時の出船。1時間40分のクルージングを楽しみながら釣り場に到着。水深は70m。

イカメタル仕掛けエステルのエダス15cmのミドルに、錘スッテ490赤帽20号。ドロッパーにウルトラベイトSの夜光グリーンを使用。

 船長からは、水深30~40mでベイトの反応が出ているとのこと。仕掛けを海底まで落とし、30mまで高速巻きで一気に巻き上げる。この作業を10回連続でする。イカの活性を高めることとレンジを上げることが目的。

その後、ベイトの反応が出ている40mまで落とし、アタリを待つ。フォールからのステイ。すぐに船の揺れとは違う感触。イカのアタリだ。すぐさまアワセを入れて一気に巻き上げる。赤白の錘スッテを抱いていた。

写真を取り、すぐに仕掛けの投入。40mラインですぐにヒット。また錘スッテの赤帽。同船者に水深とヒットカラーを教えて、再度投入。またヒット。

このパターンで連続ヒット。1mずつレンジを上げながら誘い上げる。現在の誘いのパターンはロングステイ。何もしないアクションが良かった。開始1時間で10尾が釣れていた。

当日最大35cmがヒット

集魚灯に寄せられたのか、シュモクザメが船の周りをうろうろする。同船者にも魚のアタリが連発するとイカの反応がまったくなくなり、またレンジを探す作業を開始する。

錘スッテをF/赤緑にカラーチェンジし、探る範囲を30~60mに広げ、2m間隔でステイをし、アタリを待つ。50mラインでコンコンとイカパンチのアタリがあり、我慢をして掛けアワセをする。デカい!ゆっくりイカの引きを味わいながら船まで寄せる。辛うじて足先1本でのヒット。身切れしないように慎重に船に上げる。当日最長の35cm。

当日の最終釣果

その後はスッテのカラーを替えながら、探りながらぽつぽつとイカを釣り上げ、午前0時の納竿までに28尾の釣果となった。数としては少なかったが、パターンを探る釣りの楽しさが実感できた釣行となった。

夜焚きイカメタルゲームで35cm頭にケンサキイカ28尾【山口・夢楽丸】パターンを探る楽しさを実感(提供:週刊つりニュース西部版 APC・村治篤)

前半は赤帽が良く、後半は赤緑に好反応だった。いかにヒットレンジやヒットカラーを見極め、手返しよく釣るかがイカメタルでの釣果を伸ばす秘訣となる。思ったことはすぐ実践すると好釣果につながるため、引き出しを増やしながらスキルアップをしていきたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・村治篤/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
夢楽丸
出船場所:下関港
問い合わせ:シャーク長府店 TEL=083(249)1234
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。