渓流ルアー釣行で25cmオーバーヤマメ&イワナ【岐阜県・平湯川】

渓流ルアー釣行で25cmオーバーヤマメ&イワナ【岐阜県・平湯川】

東海地方に梅雨明け宣言が出されて初めての週末の8月3日、久しぶりに渓流釣行に出かけた。 どこへ行こうか迷ったが、やはり涼を求めた釣りがしたかったので、標高の高い岐阜県高山市の平湯川へ釣行した。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

平湯川で渓流ルアー

平湯川現地着は午前6時半。入渓点には車もなく、先行者はいないようだ。早速渓流ルアーゲームの準備を整え、いざ入渓。この川は約1年ぶりだが、相変わらず水量の多い急流だ。先発ルアーは激流に負けないウェイトのあるベアトリス53Sのアバロンアクアマリンをセット。

渓流ルアー釣行で25cmオーバーヤマメ&イワナ【岐阜県・平湯川】タックル図(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

エン堤で26cmのイワナをゲット

入渓してすぐのポイントの大岩周りにベアトリスをキャスト。動きを確認するためにロッドアクションをかけると、大岩の下から魚が出てきてベアトリスにアタック。だが心の準備をしていなかった私は、不意を突かれた形となりフッキングミス。やはりルアーをキャストしたら油断禁物だ。

渓流ルアー釣行で25cmオーバーヤマメ&イワナ【岐阜県・平湯川】平湯川の渓相(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

激流のなか、わずかな緩流帯にルアーを撃って探りを入れるが、予想に反して反応が乏しい。そこで攻め方を変えて、流れのど真ん中、瀬の中にベアトリスをキャストして攻めるとヒット。キャッチしたのは、20cmほどのイワナだ。やはりこの時期はイワナも元気に瀬に出ているようだ。同じポイントでイワナをもう1匹追加して釣り上る。

しばらく上るとエン堤が現れた。エン堤下の深みにキャストしボトムまで沈め、ロッドを縦にあおってアクションさせると、ドンッとアタリがありアワせるとヒット。少しサイズが良さそうなので、慎重に寄せてネットイン。26cmの良型イワナだった。

ポイントを絞ってヤマメをキャッチ

その後は瀬を中心に、時折障害物周りのピンスポットを攻めながら釣り上るが、15cmほどのコッパヤマメの猛攻に遭う。すると手前の激流を挟んで対岸側に小さなスポットを発見。しかし大岩が邪魔をして、キャストでルアーを通せるスペースが極端に狭い。

渓流ルアー釣行で25cmオーバーヤマメ&イワナ【岐阜県・平湯川】攻めにくい大岩の奥(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

しかしここは果敢に精度を高めてキャスト。狙い通りの所にルアーを落としてワンアクションでヒットだ。手前の激流に注意して寄せてキャッチしたのは、25cmのヤマメ。コッパの猛攻のなかでようやく手にした「らしい」サイズのヤマメに私もにんまりだ。

渓流ルアー釣行で25cmオーバーヤマメ&イワナ【岐阜県・平湯川】ポイントを絞り引き出したヤマメ25cm(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

良型イワナ再び

さらに釣り上り、コッパヤマメのキャッチ&リリースを繰り返していると、退渓点が見えてきた。その近くの水深のある落ち込みでルアーを沈め、縦アクションで攻めるとヒット。ゆっくり川底から引き離すように寄せてネットイン。この日最後にキャッチしたのは、またもや26cmのイワナだった。

渓流ルアー釣行で25cmオーバーヤマメ&イワナ【岐阜県・平湯川】退渓点近くで出てくれたイワナ26cm(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明)

流れに戻るイワナを見送り、ここで終了。今回は私自身久しぶりの渓流だったが、清らかな流れと美しいヤマメ、イワナに癒やされた楽しい釣行となった。渓流シーズンも残りわずか。皆さんも残りのシーズンを存分に楽しんでいただければと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・渡辺勝明/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
平湯川
高原川漁協=0578(82)2115
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年8月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。