アジングロッド流用でウルトラライト投げ釣り 20cm良型キス登場!

アジングロッド流用でウルトラライト投げ釣り 20cm良型キス登場!

8月11日、ライトタックルのチョイ投げでキス釣りが楽しめるとの情報で、和歌山県有田郡湯浅町を流れる広川の河口へ釣友2人と釣行した。当日は活性がそこまで高くなく、アタリはぽつぽつ。それでもアジングロッドを流用したウルトラライト投げキス釣りは、釣趣満点で最高の釣行となった。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

アジングロッドで投げ釣り

釣り場には午前5時前に到着。まだほんのり明るくなりだしたタイミングだったが、早く釣りたい思いで早々に波止へ移動。ヘッドライトを付けて仕掛けの準備に取り掛かる。

アジングロッド流用でウルトラライト投げ釣り 20cm良型キス登場!広川河口の釣り場(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

この日は6ftのアジング用ロッドにPEライン0.6号を巻いた2500番のスピニングリール、リーダーにフロロ4号、ジェットテンビン4号、仕掛けは市販の2本バリを使用した(オモリの重さはロッドのキャパを超えているので、流用する際は自己責任で)。エサはイシゴカイを使用。

チャリコが連続ヒット

1投目、アジングロッドでキャパオーバーのオモリを投げるため、恐る恐るキャスト。仕掛けは30mほど沖に着水。仕掛けが絡まないようすぐに少しラインを張って、その後はフリーで落とし、すぐに引いてくる。

すると、1投目から魚の反応。小さなアタリをアワせて巻き寄せてくると、くるくると回転しながらピンク色の魚が寄ってきた。チャリコである。

これを見て、メンバー全員のテンションは急降下。1投目からチャリコが釣れる時は、往々にしてキスは厳しい時が多いのだ。案の定、その後チャリコが連発する。

釣り方&ポイント変更で本命

ほかのメンバーも同様チャリコばかりであったが、20分ほどたったころにKさんがようやく1匹目を釣り上げた。チャリコ地獄ではあるが、キスもいるようだ。私もサオ先に集中する。

私にようやく1匹目の本命が釣れたのは、開始から40分ほどが経過したころだった。釣り方をリールで巻き寄せる方法から、サオ引きにかえた数投目で、ポイントをやや河口向きに変更したタイミングだった。釣り方かポイントか分からないので、とりあえず同様の方法で狙うと、急にキスが連発し始める。

アジングロッド流用でウルトラライト投げ釣り 20cm良型キス登場!1匹目のキス(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

小さなチャリコのアタリとは違い、引いている途中でギュンとサオ先を絞り込む感じは、痛快そのものだ。また、サイズはほぼ15cm以上で、なかなかの引きが楽しめた。

ゲストに苦戦

ただし、調子のいい時間は長くは続かず、再びチャリコ地獄に。投点をかえたりじっと待ってみたり、リールで巻き寄せる引きにかえたりしてみたが、キスのアタリは忘れたころにやってくる程度だった。

そんななか、コンスタントに釣果を重ねていたのがKさん。数投に一度はキスをヒットさせ、着実に数を伸ばしていた。一方で、先月は同所で80匹を仕留めたというDさんは絶不調。ひたすら釣れるチャリコにうんざりの様子。たまに違う魚がヒットしてもキスではなく、ベラ、クロサギ、エソと全くパッとしなかった。

アジングロッド流用でウルトラライト投げ釣り 20cm良型キス登場!とにかくチャリコが多かった(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

日差しが強烈になってきた10時ごろになると、私のサオにはキスからの魚信が途絶えてしまった。どこへ投げても引き方をかえてもチャリコばかり。そんな中でもKさんは着実にキスを追加しているので、ポイントかもしれないと、Kさんの上流へ移動してみる。

当日最大20cm級キスも登場!

フルキャストで川の中ほどへ仕掛けを投入し、じっくり引き寄せていると、久々にギュンというひったくるようなアタリ。キスを確信して巻き寄せてくると、この日一番の20㎝級が姿を現した。一気に抜き上げ、無事取り込み成功。

これで再び集中力を取り戻したが、もう1匹キスを追加したところで再びチャリコが釣れだしたうえ、あまりの暑さも手伝ってギブアップ。午前11時に納竿とした。

アジングロッド流用でウルトラライト投げ釣り 20cm良型キス登場!当日の釣果(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

結局最後まで釣況はかわらず、Kさんはまずまず好調、私は忘れたころに追加し何とかつ抜け、Dさんは1時間に1匹で過去最低の釣果となったようだ。情報のように毎投連掛けとはいかなかったが、キスはもちろん多彩な魚の顔を見られ、アジングロッドで愉しんだ私はいつも以上にキスの釣趣を味わうことができたような気がする。

キスの南蛮漬け

なお、この日のキスは定番の天ぷらと南蛮漬けに。ふわふわの天ぷらはもちろん、南蛮漬けは少し寝かせて骨までおいしくいただいた。炎天下の釣りは過酷だが、またすぐに行きたくなるのが不思議である。

アジングロッド流用でウルトラライト投げ釣り 20cm良型キス登場!キスは南蛮漬けも美味(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

<中西/TSURINEWS関西編集部>

▼この釣り場について
広川河口