釣れるものを釣るスタイルで夏波止の小物と遊ぶ【和歌山・戸坂漁港】

釣れるものを釣るスタイルで夏波止の小物と遊ぶ【和歌山・戸坂漁港】

7月26日、早朝から和歌山県・戸坂漁港に釣行してみた。今回はターゲットを絞らず、その時釣れるものをいろいろ狙ってみようという心づもりで出かけ、カマスに小ダイ、エソと多彩な魚の引きを味わった。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷口墨人)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ワインドでタチウオ狙い

波止の根元の駐車スペースには、午前5時前に到着。夏の夜明けは早く、すでに夜が明けてきていた。湿気が多く、朝曇りになっていて、日差しが出てきたら暑くなりそうだった。

ちなみに、戸坂漁港では夜間は釣り禁止になっていて、夜明けから釣りが可能だ。駐車料金600円が徴収される。

釣れるものを釣るスタイルで夏波止の小物と遊ぶ【和歌山・戸坂漁港】戸坂漁港の波止風景(提供:WEBライター・谷口墨人)

波止の先端周りには、タチウオ狙いの電気ウキが数個浮かんでいる。波止の手前には小波止が延びていて、そこに釣り座を取った。まず、タチウオの反応を見るため、ワインドから始めてみた。

ケイムラチューンした改造ジグヘッド21gに、パワーシャッド5inchの頭をカットしてから装着。できるだけ遠投し、着水後はカウントダウンしてボトムを取ってからシャクり始めた。

すると、グッグッと反応があるが、アワセてもフッキングしない。地元の釣り人の話によると、タチウオの型は小型が多く、ウキ釣りでもなかなかハリ掛かりしないらしい。

良型エソ連発・・・

小型の群れが回遊しているのかと思いながらシャクっていると、グーンとバイト。大きくアワセて、ロッドを立てて寄せにかかると、ロッドの先に重量感が乗りグングンと魚の快引が伝わる。あまり走り回らず重さを感じるので良型のタチウオかと思いながら寄せてみると、40cmオーバーのエソ。強引に抜き上げた。

次投もグーンとバイトがあり、同サイズのエソをキャッチ。エソの群れも回遊しているようだ。引きは味わえたが、食べないのでリリースした。

釣れるものを釣るスタイルで夏波止の小物と遊ぶ【和歌山・戸坂漁港】エソがヒット(提供:WEBライター・谷口墨人)

表層トゥイッチでカマス

タチウオがヒットしないので、今度は小型のジグヘッドとワームでカマスの反応を見てみた。

沖合の表層をトゥイッチを入れながら誘っていると、ガッガッとバイトして20cmクラスのカマスをキャッチ。続けて投入して誘っていると、またガッガッとバイトしたがすぐに軽くなりフックアウト。

釣れるものを釣るスタイルで夏波止の小物と遊ぶ【和歌山・戸坂漁港】カマスがヒット(提供:WEBライター・谷口墨人)

沖合では、カマス狙いの小舟がやってきて、海中に網を広げて網の上にキビナゴをまいてカマスを獲りはじめた。ワームでしばらく探ったが反応が悪くなり、どうにか5匹キープしたところで、投げ釣りでキスを狙ってみた。

最後は投げでキス狙い

大波止の先端周りは投げ釣り禁止になっているので、移動しないで手前の小波止でタックルをセット。3本バリ仕掛けに、エサのイシゴカイの頭をカットしてからハリいっぱいに付け、80m沖に投入。沖合は砂底なので、ゆっくりと引き釣りをして誘ってくる。

キスがいれば1投目からアタリがあるのだが、数投しても反応がなく、アタリがない。エサ取りも不在で、ハリにエサがそのまま付いて上がってくる。

置きザオにキスの反応がいい時があるので、しばらく置きザオにしてアタリを待っていると、グッグッとサオ先にアタリがきた。アワせてから寄せ始めると、ゴンゴンと快引がくる。

手前まで寄せるとピンク色の魚体か浮かび上がり、ゆっくりと抜き上げたのが、23cmの小ダイだった。

釣れるものを釣るスタイルで夏波止の小物と遊ぶ【和歌山・戸坂漁港】投げでは小ダイが釣れた(提供:WEBライター・谷口墨人)

周りでは豆アジやサバが

その後は魚からのシグナルはなく、日差しが出て暑くなってきたので、午前8時過ぎに納竿にした。

当日は、潮が悪く魚の活性が低かったが、地元の釣り人は飛ばしサビキで豆アジや、20cmクラスのサバを釣り上げていた。潮のいい時には、30cmクラスのツバスがショアジギングやノマセ釣りで釣れるときがある。また、スミ跡があったので、アオリイカも狙えそうだ。

<谷口墨人/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
戸坂漁港