ハゼ釣りのメッカ『江戸川放水路』のボート&桟橋釣りを紹介【千葉県】

ハゼ釣りのメッカ『江戸川放水路』のボート&桟橋釣りを紹介【千葉県】

〝ハゼ釣りのメッカ〟江戸川放水路は今シーズンも好調。夏本番に向け、さらにハゼ釣りシーズン最盛期へ突入。ボート・桟橋共に楽しめるハゼ釣りを紹介。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

ハゼ釣りシーズン最盛期

青潮の影響もなく、例年同様に水深50cm~1.5mの浅場で活発。シーズン序盤らしく、10cm超えのヒネハゼも交じり、絶好のシーズンに突入。

「そんな浅場で釣れているなら陸からでもいいのでは?」と思いがちだが、やはり360度竿をだせるボート釣りの方が、広範囲に探ることができるので数が伸びやすい。

ハゼ釣りのメッカ『江戸川放水路』のボート&桟橋釣りを紹介【千葉県】タックル図(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

桟橋からもおすすめ

「小さい子どもと楽しむのに、ボートはまだ不安」という人には、ボート店の釣り専用の有料桟橋を活用することを勧める。足場がよく、やや沖へと伸びている桟橋なので陸っぱりよりも沖のポイントも探ることができるので効率がいい。

ハゼ釣りのメッカ『江戸川放水路』のボート&桟橋釣りを紹介【千葉県】釣り場は桟橋のすぐそば(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

手返しが重要

ボート、桟橋のどちらも竿1本分程度の浅場がメインなので、ノベ竿やイト巻きの着いた中通しの手バネなどで、手返しよく投入→抜き上げで数を伸ばすのが面白い。

もちろん、リール竿で投げて狙うのもいいが、岸寄りで多くのボートが竿をだしているので、キャスティングには十分注意しよう。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
江戸川
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年7月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。