手こぎボート釣行の消費カロリー量を調査 目指せ『釣りダイエット』!

手こぎボート釣行の消費カロリー量を調査 目指せ『釣りダイエット』!

飽食の時代、日々の美味しい食事を楽しみにしている人は多いでしょう。そして順調にメタボ化も・・。痩せたいけど、どうせなら楽しくダイエットしたい!そこで、今回は「釣りをすると痩せるのか」を検証してみます。

(アイキャッチ撮影:週刊つりニュース関東編集部・大谷)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

趣味を楽しみつつ痩せよう

食べるのが大好きな人にとって、絶食はありえない。と、すると運動するしかありません。しかし、ダイエットを目的にした運動は続きにくいのが現実。趣味として楽しく遊んでいたら勝手に痩せる、これが理想ですよね。たとえば、

1.ウォーキング
散歩と考えましょう。私が1時間5km歩いた場合は「75kg×5km=375kcal」です。菓子パン1個分でしょうか。

2.スイミング
本気で泳ぐと、体中の脂肪の悲鳴が聞こえるくらい効果的に感じる水泳。60分間、平泳ぎして消費カロリーは500kcalくらい。意外と少ないですね

3.ランニング
60分頑張って走ったとして、705kcal。これはなかなかですね。そんなに走りたくないですが・・・

4.エアロバイク
60分こいで、600kcalくらいです。そこそこですね。ただし、風景が変わらないので5~10分もすると、すごい飽きがきて、1時間くらい経っているかのような苦痛を味わいます。

ランガンの釣りは?

ランガンの釣り。例えばナマズゲームを、朝から晩までやったとしましょう。基本的に車で移動するとしても、10kmくらいは歩きます。すると750kcalくらいは消費しそうですね。

毎日、朝から晩までナマズ釣りをやれば、それなりに痩せるかも!

手こぎボートは有望!?

ここで筆者的には真打の登場です。

襲い掛かる波を乗り越え、まだ見ぬポイントを目指し、潮に流され戻り、重いアンカーを上げ下ろす。まさに運動の塊ですね。一度、沖に出れば5~6時間は波にもて遊ばれるでしょう。

ずっと漕いでいるわけではありませんから、実際、どれくらい移動して、どれくらいの運動をしているのか、調べてみました。

自転車用心拍計で計測してみた

計測に使用した機器は、ガーミンエッジ500Jという心拍計。本来は自転車用ですが、GPSによる移動ログ取得、胸に付ける送信機から心拍を計測できる優れもの。たまに異常数値を見せるのが、かわいいところです。

手こぎボート釣行の消費カロリー量を調査 目指せ『釣りダイエット』!筆者愛用の物(撮影:週刊つりニュース関東編集部・大谷)

※このテストはあくまで遊びです。正確さを保証するものではありません

ボートを用意して待っているとワクワクで高鳴る心臓によって、心拍は236をカウント!?計測機器は汗で濡れたりすることで安定するので、たまに誤差がでます。

さっそく漕ぎだします。パワフルな二の腕、足腰によってボートは高速で海上を疾走していきます。最高速度はなんと17km/h!

・・・これも誤差です。まあ、いいところ6km/hくらいでしたね。

手こぎボート釣行の結果

しっかり釣りを楽しみつつ行った計測の結果が以下。

・時間=7時間37分
・移動距離=5.4km
・最高速度=5.9km/h 
・平均心拍=106bmp
・最大心拍=130bmp
・消費カロリー=921kcal

「これはなかなかでは?」と思ったあなたのために、摂取カロリー値を載せておきますね!

【参考カロリー】
・メロンパン 500kcal
・味噌ラーメン 560kcal
・チャーシュー麺 600kcal
・カルボナーラ 900kcal

・・・手漕ぎボートを一日漕ぐか、目の前のカルボナーラを我慢するかは、あなた次第!

手こぎボート釣行の消費カロリー量を調査 目指せ『釣りダイエット』!7時間半の移動(提供:週刊つりニュース関東編集部・大谷)

<大谷/TSURINEWS・関東編集部>