夏の五目ジギング楽し 速めのワンピッチジャークがアタリ【志摩沖】

夏の五目ジギング楽し 速めのワンピッチジャークがアタリ【志摩沖】

うっとうしい雨が続くが、わずかな合間を縫って7月13日に三重・志摩沖へ五目ジギング&スーパーライトジギングに出掛けた。旬のイサギは産卵期で狙えなかったが、夏っぽいジギングを楽しむことができた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・田中耕二)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

潮動かずボトム反応イマイチ

当日は朝4時半に集合。長栄丸は8人を乗せて沖に向かう。曇の隙間から赤い朝日が見えた。この時期は、曇天の方がありがたい。目指すは前日によかったという、志摩沖の水深80mライン。ベタ凪の中を軽快に進む。

夏の五目ジギング楽し 速めのワンピッチジャークがアタリ【志摩沖】梅雨の合間の朝日を見られた(提供:WEBライター・田中耕二)

予定通り80mラインでスタート。周りには鳥が舞い、雰囲気は抜群だ。

2ozのジギングロッドにジガー2000番をセットし、170gのシルバーグローのジグを送り込む。難なく着底しワンピッチで様子を伺うが、ジグが軽い。スカスカである。潮が動いていないようだ。

海面は雑魚を追うソーダガツオで賑わうが、ボトムの反応はイマイチのまま。

底物狙いでホウボウ

早々に前日のポイントを見切り、大王崎方面へ向かった。30分ほど走って水深60mラインから再スタート。ここも鳥が騒ぎ、小型魚のナブラもある。

しかし、ボトムの潮は緩くドテラ流しに関わらずラインは真下を向く…。狙いを底物にかえて180gの赤金ジグでボトムを探るとグンッとアタリ。軽くアワセを送り、グリグリと巻き上げると良型のホウボウが浮いてきた。

潮動くとアタリ連発!

これからが旬の魚で、毒々しい外見に見合わず透明感のある白身の高級魚である。

少し潮が動き始めたのか、船中でもアタリが続き、ホウボウやチカメキントキが上がる。御年70歳の今田さんも40cm級のチカメキントキをゲット。

僚船のトロ丸さんではマダイやハマチがアタっているようだ。時合い突入で、胴の間では良型のサワラが登場した。

ジグのシルエットでヒット率に差

ベイトは小さいカタクチやジャコの混合のようで、大きいジグへの反応が悪い。タングステンのシルバーのジグへのバイトが多いように感じる。イワシパターンでは早めのジャークがアタることが多いので、スピニングタックルで150gのタングステンを送り込んでみたが、水深60mに対しては少々重い。

フォールが速すぎるのか、魚の反応はなかった。100gくらいだとよさそうだが、あいにく持ち合わせがない。仕方なく、170gのショートシルバーのナマリジグを操っていると、中層でサバがヒットしてきた。やはり早めのワンピッチに反応してきた。

サメのヒットはお決まり?

そうこうしている内に李さんにヒット。「ボトムで食いました」と言いながら、少し浮かすといきなりドラグを引き出した。「デカい」と盛り上がったが、一定のペースで永遠に走り続ける。水深60mで200mほどラインを出されたが、根に向かう訳でもなく散歩状態…。サメだろう。

夏の五目ジギング楽し 速めのワンピッチジャークがアタリ【志摩沖】李さんに強烈な引きが…(提供:WEBライター・田中耕二)

30分の挌闘の末、茶色の巨体がチラッと見えたがラインブレイク。恐らくシュモクザメの大型だろう。お疲れさん!

ポイントに戻り、再スタートすると潮が勢いを増している。風に逆らって船が流れるので、ラインが船下に入ってくる。釣り辛いので、ミヨシの利点を生かして右舷向きに移動してワンピッチ。

ハマチ&メジロのダブルヒット

すると先に右舷でジャークしていた釣友の橋本さんにバイト。音をたててドラグが逆転。またサメだろうか…。その引きはスピードがあり、リズム感がある。青物だ。ファイトを見ていると私のジグにもバイト。ダブルヒット!

物の引きを十分に楽しんで仕留めたのは、ハマチ(大)とメジロ。

夏の五目ジギング楽し 速めのワンピッチジャークがアタリ【志摩沖】橋本さんにメジロ(提供:WEBライター・田中耕二)

時合いだ。長栄丸では釣った魚の処理は船長がやってくれる。ネット入れからフック外し、締めて血抜きして神経締めしてクーラーに入れるまで流れるような作業だ。その分、アングラーは釣りに集中できる。

すぐにジグを放り込み、ボトムから10m巻き上げてワンピッチ。先ほどのヒットはボトムからかなり巻き上げてから。魚探を見る船長から、「ベイト反応は押さえつけられたようにボトムにある」とアナウンス。

サワラカッターも

ワンピッチのジグに何かが触る感触があり、「くる!」と感じた瞬間にロッドが曲がり、ドラグが滑る。もっとも気持ちいい瞬間だ。2尾目はよく肥えたメジロだった。魚は浮いていると情報共有して続けていると、フワッとした感覚を残してジグの重みが消えた。サワラの仕業だ。

夏の五目ジギング楽し 速めのワンピッチジャークがアタリ【志摩沖】当日は好調でメジロゲット(提供:WEBライター・田中耕二)

この日はツイていて、なぜだか私にばかりバイトがあり、ハマチ(大)を2尾追加。隣で同じようにジグを操る李さんにはバイトがない。ほんの少しパターンが違うのだろう。これも経験だ。

次のページでカマス狙いのSLJへ