2ヶ所ランガン投げキス釣りで23cm頭に27尾!【大分県】

2ヶ所ランガン投げキス釣りで23cm頭に27尾!【大分県】

6月末、キスの投げ釣りへ。 今回は良型狙いのため早朝から攻めることにした。島田漁港と羽根港、どちらもガツンと大アタリが!

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

島田漁港でキスの投げ釣り

赤ゴカイ50gを用意し、干潮から釣り始めるために大分・国東の島田漁港へ、午前4時30分に到着。

まだ周りは薄暗く、今回はオモリを15号にし、着水音にも配慮してみた。 仕掛けは2本バリからスタートした。

4時45分、赤ゴカイに投げ釣りパウダーをまぶし、対岸の建物方向へ80m遠投。 薄暗いので、のんびり置きザオで釣ろうと思い、サオ先に鈴を付けてサオを置いた。

1投目から23cm本命!

そして2本目を用意しようとしたら、大きく鈴を鳴らすアタリ。 重さや小気味いい締め込みを味わいながらリールを巻いていく。 1投目から23cmと、まずまずのサイズを釣ることができた。

2ヶ所ランガン投げキス釣りで23cm頭に27尾!【大分県】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

さらなる良型を期待したが、その後は16cm前後ばかりであった。 明るくなってしまったので、良型狙いをあきらめ、数狙いの5本バリ仕掛けに変更する。

大アタリはヒラメ?マゴチ?

早速ブルブルブルとアタリがあったが、多点掛けを狙っていたので、そのままゆっくりサビき続けていく。 するとガツーンの大アタリ。 以前マゴチを釣ったこともあり、マゴチかヒラメと思って手を止めてみるが、後が続かなかった。

巻き上げてみると頭だけのキスが上がってきた。 ここで、合計10尾釣ったこともあり、場所移動することにした。

▼この釣り場について
島田漁港

羽根港へ移動で連掛け!

個人的に実績のある羽根港(豊後高田市)に行った。 もう7時になり、少し暑くなってきた。 80m地点に投げ、ゆっくりサビいていく。 すると70m地点でブルブルブルのアタリ。 ゆっくりサビいて多点掛けを狙う。 3連であった。

その後、多いときは4連まで掛けることができたが、型が10~15cm程度と小さかった。 うまくいかないものだ。 あまりに小さいので、サイズアップに期待して先端に移動することにした。

2ヶ所ランガン投げキス釣りで23cm頭に27尾!【大分県】四連ヒットのシーンも(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

先端では16cm程度と若干サイズアップしたが、藻が多いため再び2本バリ仕掛けに戻した。 連で釣れることはほとんどなく単発ヒットが多かったが、10mもサビかないうちに来るので、まずまずのテンポで釣れた。

そして当日2回目となるガツーンの大アタリ。 今度はハリ掛かりもうまくいった。 仕掛けが細いのでドラグを調整したが、何回も強い締め込みがありドキドキした。 「スズキ?ハマチ?」と考えながらファイトしたが、20mほど巻いたところで根か藻に潜られてしまった。 姿だけでも見たかったが残念。

当日の最終釣果

2回の大アタリをものにできず心が折れそうだったが、エサが切れるまで頑張った。 そして、エサが切れたため8時45分で納竿した。 当日のキス釣果は10~23cm27尾であった。

これからは暑さが厳しくなるので、対策をしっかりして釣行したい。

<週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
羽根港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年7月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。