盛期突入の明石『エギダコ』釣行で1.78kg頭にヒットのラッシュ!

盛期突入の明石『エギダコ』釣行で1.78kg頭にヒットのラッシュ!

現在ハイシーズンとなりつつある、兵庫・明石のマダコ釣り。6月23日、釣友の塩野さんグループ、私の友人カップルと今年初のエギダコ釣行。気になっていた雨の予報は一転し、朝方はやや風があるものの天気は上向く予報でであった。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

伊保港からエギダコ釣りへ

当日お世話になったのは伊保港の船。私と友人の真理子さんカップルは左舷ミヨシ、塩野さんグループは右舷に釣り座を設けた。

私のタックルはゴクエボリューション・タコスペック165。明石のルアータコ用に開発されたロッドだ。リールはパワーのあるジギング用、PEは2号、リーダーはフロロ50lbを2ヒロほどとった。ルアーは蛸墨族のエギとスッテを使用し、オモリは50、60号。

浅場で小型がポツポツ

水深は深くても20mまで。朝一はまだまだ流れが速く、底を取れるか取れないかくらいでオマツリ多発。早速、隣の真理子さんが船中初のかわいいサイズのタコを釣り上げた。塩野さん、菅野さんにも小型がポツリポツリ。

私にはアタリらしい「ぬぅん!」という引きは時々感じられるものの、本命ではないことが多くスカばかり。だが、スカでもいいから違和感を感じたらアワセを入れることが重要と船長。

初ヒットは1.1kg!

エギのカラーは、今年いいとよく聞くグリーンをみんな使っていたが、私は気分転換にイエロー系とブラックのエギにチェンジしてみた。

オモリを底から浮かせないよう、でも誘いは絶えず入れながらアタリを待っていると、ヌン!とラインを引っ張られた。すかさずアワせてリールを巻く。かなり重く感じたので必死に回収。そのまま抜き上げてしまった。

私の本日初のタコは1.1kg!やった!と喜ぶが、「キロ近くのやつを無理して上げたらアカン、サオ折れるで!」と船長。確かに!

盛期突入の明石『エギダコ』釣行で1.78kg頭にヒットのラッシュ!初タコは1.1kg(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

潮緩みでラッシュ到来!

それからやっと潮が緩み始めた午前9時半過ぎ。バタバタとラッシュがやってきた。菅野さんは良型を連発!塩野さんはとにかく数を釣る。隣の真理子さんにはバンバンヒット。サイズは色々だが、600g~1kgくらいの食べごろサイズをよく釣り上げていた。

私はイマイチなので誘いを激しくしてステイ。乗ってくるのは見事に型揃いな片手乗りサイズばかり。

盛期突入の明石『エギダコ』釣行で1.78kg頭にヒットのラッシュ!大型も登場!(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

誘いを工夫し1.78kg!

盛期突入の明石『エギダコ』釣行で1.78kg頭にヒットのラッシュ!真理子さんは終始アタリあり(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

移動中、大きいのばかり釣っている菅野さんにアレコレ聞いてみた。誘いはゆっくりフワフワ、底をゴトゴトさせるだけでも良いとのこと。早速、実践。せっかちな私は待つ釣りは苦手だが、あまりにも小型ばかりなので、あまり激しく誘わずに辛抱強く待っていた。

するとロッドが真下に引き込まれ、まずはしっかりとアワセを入れてからリールを巻く。ゴミ!?と思うほどのズッシリ感。必死で回収、今度はちゃんとタモで救ってもらう。おそらく当日一の1.78kgをゲット!「やったー!」とかなり喜ぶ。

真理子さんは最初から最後までコンスタントに釣り上げていく。聞くと、しんどいから放置プレイがほとんどとのこと。

エギ3本付けが吉

エギは2本付けではバレても、3本付けならほとんど取り込めた。その分やや引き抵抗は強くなるが、お好みで。全員、1人あたり総計4kg以上のタコを釣り上げることができた。

盛期突入の明石『エギダコ』釣行で1.78kg頭にヒットのラッシュ!エギ3本付けでバラシなし(提供:WEBライター・二杉あゆみ)

せひ皆さんも旬のブランド明石ダコを釣りに行ってみてほしい。

<二杉あゆみ/TSURINEWS・WEBライター>

▼出船場所について
伊保港