ボートエギング&ロックゲーム 1.3kgアオリに良型オオモンハタ!

ボートエギング&ロックゲーム 1.3kgアオリに良型オオモンハタ!

三重県南部ではエギングでアオリイカが最盛期を迎えている。特にボートエギングでは、フレッシュなポイントを次々と移動しながら狙っていくため、安定的に釣果が期待できる。今回もそんなボートエギングを楽しむため、5月30日の早朝から釣友たちと三重県紀北町引本浦港から出船するエヌテックマリン に乗船した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

まずは800gアオリイカ

ポイントに到着。今回のファーストヒットは、釣友で釣りガールの萩原香さんだった。

岸際にキャストされたラインがギュンッギュンッと引っ張られている。この時期のアオリイカは親イカのため大型の個体が多く、力強い引きが醍醐味だ。キャッチしたアオリイカは800gクラス。エギのカラーチェンジを繰り返し、反応のいいカラーを探し当てての釣果だった。

ボートエギング&ロックゲーム 1.3kgアオリに良型オオモンハタ!良型のアオリイカをキャッチ(提供:橋本広基)

当日のアタリパターンで1.3kg

その後、私もこの日最大の良型をキャッチ。

アプローチは船の流される方向にフルキャスト。底付近までしっかりエギを沈め、誘いのアクションを7回ほど入れる。そして再度エギを沈め、ラインを張らず緩めずの状態でキープし、変化に集中する。

ボートエギング&ロックゲーム 1.3kgアオリに良型オオモンハタ!当日使用したエギ(撮影者:橋本広基)

するとブルッとラインが揺れる。瞬発的にアワセを入れたロッドが大きく弧を描き、リールはジィーッジィーッと逆回転を始める。十分にファイトを楽しんでキャッチしたのは、立派なキロアップ。1.3kgの良型だった。

ボートエギング&ロックゲーム 1.3kgアオリに良型オオモンハタ!立派なキロアップをゲット(撮影者:橋本広基)

スイミング釣法でハタ狙い

しかし、この日はこれだけでは終わらない。良型のアオリイカが釣れたこともあり、夏の風物詩ともいえるオオモンハタやアカハタを調査することになった。

タックルはそのままにエギを取り外し、28gのジグヘッドに4インチのワームをセットする。底まで沈めてクルクルとルアーを泳がせてくるスイミング釣法で探ってみた。するとこれも大当たり。

早速良型のアカハタがヒットし、オオモンハタの顔も見ることができたので満足して納竿となった。

ボートエギング&ロックゲーム 1.3kgアオリに良型オオモンハタ!オオモンハタをゲット(撮影者:橋本広基)

今後の展望

今回はアオリイカに加えて根魚までキャッチし、尾鷲湾のオフショアゲームを十分に満喫した釣行となった。

今後はアオリイカに関しては、水温も上がりエサとなるベイトもしっかり入ってくるため、まだまだ楽しめるであろう。またハタなどの根魚は例年真夏にピークを迎える。これからの動向に注目だ。

ボートエギング&ロックゲーム 1.3kgアオリに良型オオモンハタ!釣果を披露(撮影者:橋本広基)

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼この釣船について
エヌテックマリン
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年月6日28号に掲載された記事を再編集したものになります。