テレスコロッドで楽しむライトロックゲーム 夏の日本海は根魚天国!

「京都・養老でケンサキイカが釣れだした!」心待ちにしていた情報が入ったので、6月21日に振替休日を取り、20日の夜にエギング釣行へ出かけた。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

養老漁港でバイク釣行エギング

19時過ぎに自宅をバイクで出発。約2時間半かけて到着した養老漁港は、平日の夜ということもあり釣り人はまばら。さっそく波止の中ほどに釣り座を決め、準備を整えた。

タックルはバイク移動ということで、テレスコのアジングロッド1.8m、リールは2000番で、ラインはアーマードFの0.2号、リーダーはフロロ1.75号とし、エギは2号のオレンジを選択した。

当日のシャクリ方

まずは遠投して、少し沈めてから激しくならないことを意識しながらシャクり始める。2回ほどシャクってからカーブフォール、しばらく待ってまた2回ほどシャクってカーブフォールと繰り返し、手前まで探るが反応はない。今度はもう少し沈めてから同じように探ったが、やはり反応はなかった。

1時間ほど集中してシャクったが反応がないので、エギをプラグにかえてメバルを探ってみる。が、こちらも反応はない。どうも気配がないので、思い切って場所を移動することにする。

新崎漁港へ移動

向かったのは少し北にある伊根町の新崎漁港。ここはこの時期よく行くポイントで、根魚もケンサキイカも実績のある場所だ。

新崎漁港の常夜灯周辺(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

到着してすぐに海を見ると、ちょうど常夜灯の明かりの当たるところを10数匹のイカの群れが回遊しているのが見えた。移動は大正解だったと、急いで準備をして釣り始める。

しかし「見えている魚は釣れない」という教訓があるように、全然釣れない。仕方がないので、波止際で根魚を釣ることにする。タックルはそのままで、エギのかわりに0.8gのジグヘッドを結んだ。ワームはグラスミノーのピンクラメをセット。

壁際ぎりぎりにジグヘッドを落とし、着底したら今度はゆっくりと巻き上げてくる。するとフォール中に仕掛けが止まったり、巻き上げてくる途中にサオ先を引き込むアタリが連発。17~18cmのガシラが1投1匹で釣れだした。小型はリリースし、ある程度大きいものだけキープしていく。

途中、イカの群れが入ってくることがあり、そのたびにエギに付けかえて狙ってみたが、結局イカは不発。ガシラは22cmを頭に6匹キープ。リリースはその倍以上だった。

いい型のガシラ(撮影:TSURINEWS編集部・中西)

釣れた状況を振り返ってみると、アタリはほぼ着水後数秒か表層近くまで巻き上げてきたときに集中していた。時折波で岸壁からしぶきが上がっていたことからも、おそらく水面近くに横穴があり、そこにガシラが潜んでいたのだと思われる。表層だけ狙えば、さらに手返しよく探れたかもしれない。

次ページで朝マヅメのイカ狙いをレポート!