2日連続エギング釣行で1.5kgアオリ 藻の切れ間のボトムでヒット

今シーズンの三重県南部はアオリイカの当たり年。私もボートエギングで2.7kgをキャッチするなど、各エリアで絶好調だ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

大型アオリイカ狙いの連日釣行

5月末、夕方に三重県・南伊勢町の相賀浦漁港に釣行しエギングで1匹の釣果。その他に手応え十分の良型を掛けたものの、途中でバラシてしまった。

その悔しさから翌日にリベンジ釣行へ。

相賀浦漁港でエギング

エギングタックル例(作図:橋本広基)

三重県南部のエリアは、特に大型の個体が多く、2kgクラスはもちろん3kgクラスまで期待できるお祭り騒ぎだ。

現状は活きアジを使用したヤエン釣りが特に好調ではあるが、水温の上昇とともにエギングでの釣果もかなり上向いてきた。

相賀浦漁港のポイントに到着すると、すでにヤエン釣りの人たちがサオを曲げている期待できる状況からスタート。

エギは3.5号。このポイントは水深が浅いので、着水後9秒ほどカウントし水面下3m付近で反応を探ることとした。

釣友に良型1.5㎏オス!

辺りもうっすらと暗くなり、夕マヅメのゴールデンタイムに突入。

すると、その時であった。釣友のロッドが大きく曲がる。ジィーーッジィーーッとリールは逆回転し、力強いスタートダッシュに良型を確信。

幾度となくラインを引き出す元気なファイトを見せ、キャッチされたのは軽くキロオーバー。1.5kgの立派なオスの良型だった。

釣友の岡さん1.5kgをキャッチ(撮影:橋本広基)

藻の切れ間でヒット

釣れるまでのアプローチを教えてもらうと、エギを沈める時間を長く取るため、着水後早めにアクションを開始し、その後は藻と藻の切れ間にゆっくりとエギを沈めて、底付近でヒットへ持ち込んだとのことだった。

明るい時間帯から釣行し、藻の切れ間をしっかりと頭の中にインプットしてあったことが釣果につながったとのことだ。

藻の切れ間でヒット(撮影:橋本広基)

また、ヒットカラーは下地が赤色ベースのエギであった。理由は定かではないが、定番の金下地やケイムラカラーだけでなく、赤色ベースも春は実績の高いカラーといえるだろう。

今後の状況に期待大

そして、この日の私は2時間ほど頑張ったが、アタリはなし。残念な結果ではあったが、確実にエギングでの釣果が期待できる状況に突入していることを確信できた釣行となった。

あとこのようなことが起きるのは非常に残念ではあるが、同エリア付近で釣具の盗難やスカリの中に生かしてあったアオリイカの盗難被害が起きている。釣り場を離れる際は道具などを置き去りにしないなど、注意していただきたいと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
相賀浦漁港
場所: 南伊勢町相賀浦
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年6月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。