ナイトのボートロックゲームでキジハタ2尾 移動後1投目がキモ【愛知】

30度を超える夏日も増えるなか、今回はナイトでのボートロックゲームへ。愛知県知多市新舞子の佐藤嘉高船長の釣り船Yossyにお世話になった。メインはキジハタで、一応マゴチも狙うプランだ。最近では最大級の58cmが出たらしく気合が入る。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日のタックル

午後8時に出船。メンバーは岩田氏、河辺氏、佐藤氏と私を含め4人。私のタックルはボートシーバス用ロッド5ft11inのスピニングとベイトの2本。レギュラーファーストテーパーで30gまで扱えるロッドだ。

これにPEライン0.8号にリーダー16lbの組み合わせ。

最初に向かったのは水深3~7mぐらいの比較的浅いエリア。絶妙なボードポジションを取ってくれるのでキャストしてもよし、バーチカルに落としてもよしと、どの角度からでも攻めやすい。

5mラインを7gのジグヘッドに、船長オススメのスイングインパクト3.5inch HAMAワカサギをチョイスした。

船中1尾目のキジハタ

キジハタはカッコイイ!!(撮影:白柳雅和)

1投目、早速カサゴが顔を出す。プレッシャーが少ない沖ではカサゴのバイト数が半端ない。これはこれで楽しいが、今回はキジハタ狙いなのでそそくさとリリース。

テンポよく撃ち流していくと、開始から1時間もしないうちに佐藤氏のロッドが弧を描く。ロッドの入り具合から見て、間違いなさそうだ。

上がってきたのは本命のキジハタ。船長にタモを入れてもらい捕獲成功。久しぶりに見るキジハタはやっぱりカッコイイ! 

船内のテンションが一気に上がるが、そう簡単に釣れる魚ではない。皆それぞれいろんなリグで攻めるが、カサゴの活性が高くいかにカサゴをかわすかも攻略のカギだ。

移動後1投目で再びキジハタ!

少し辺りが遠のいたところで、次々新しいとポイントに入ってもらう。移動後は1投目でキジハタがヒットしてくる可能性が高いらしく、「最初が大事ですよ」と船長からの助言。相変わらずカサゴのバイトはあるが、数カ所目でまたしても佐藤氏が1投目でキジハタをゲット。

さらに良型のシーバスも。

移動後は一投目が大事(撮影:白柳雅和)

カサゴは絶好調!

私を含め他の3人は相変わらずカサゴ絶好調。後半になりキジハタの反応が遠のき始めたころ、私の隣でバーチカル気味に探っていた岩田氏にヒット。キジハタっぽかったようだが、痛恨のバラシ。

カサゴはエンドレスに(撮影:白柳雅和)

すぐに同じ所を探ると再びヒット。今度はしっかりフッキングが決まり無事にネットイン。腹パンの良型キジハタだ。

私と河辺氏はカサゴに好かれているらしく、バンバン釣れてしまう。結局最後の最後まで私はキジハタと対面することができなかった…。

滅多とお目にかかれないキジハタを名港で釣りたいので、またリベンジしたいと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
釣り船Yossy
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年6月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。