多彩な釣果が魅力の『ウタセ五目』釣りでカワハギやマダイなど【愛知】

多彩な釣果が魅力の『ウタセ五目』釣りでカワハギやマダイなど【愛知】

6月4日、愛知県・南知多町片名港の忠栄丸にウタセ五目で乗船した。小ダイ狙いで、28cm良型のカワハギとダブルヒットなど連釣。移動後の根魚釣りも釣果は満足なものに。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

忠栄丸でウタセ五目

午前5時に出船して、ポイントとなるセギョウ瀬には航程50分ほどで到着。早速タックルの準備に取りかかった。

仕掛けはハリス3号の3本バリで、オモリは船中統一で60号を使用。エサは元気のいいウタセエビを選び、尾を切って尻掛けで浅くハリに刺す。

そして船長から、「水深22m。小ダイ狙いで底付近でやって。良型のカワハギも掛かるので注意して。」との合図があり開始となった。

多彩な釣果が魅力の『ウタセ五目』釣りでカワハギやマダイなど【愛知】タックル例

28cmカワハギ登場

オモリが着底した後にイトフケを取り、オモリを置く感じで待つ。時々サオ先を1mほど上げて根掛かりを防いで待つが、一向にアタリはない。

しばらくしてサオ先が小さく引き込まれて、少し待つとゴンゴンと大きなアタリ。すかさずアワセを入れて、23cmの小ダイが上がった。小型ながら引きは強く、サオ先を激しくたたくので気分は最高だ。

次もすぐにコツコツとアタり、我慢して待つとゴンと引っ張り込んだので、シャクってアワせる。上げる途中でも突っ込んだのはカワハギ28cm。これだけのサイズは初めての経験だった。

多彩な釣果が魅力の『ウタセ五目』釣りでカワハギやマダイなど【愛知】マダイ&カワハギを両手に

カワハギの後は小ダイ連発

カワハギのポイントに入ったのか、左右の人も良型のカワハギを次々に掛けて歓声が上がる。私も集中力を高めて、25cmと20cmを連続で上げて大興奮となった。

そして、下げ潮が少し動き始めると小ダイの活性が高くなり、仕掛けの着底と同時に即アタリが出る状況にはなったが、エサのエビが少し大きい。アタリは頻繁に出るが、どのタイミングでアワせるかが難しく、上げる途中でのバラシやエビを半分だけ食いちぎられるなど、アタリは非常に強くゴンゴンと引くのでアワセを入れてしまい、四苦八苦が続いた。

それでも、小ダイ25~30cmをなんとか3匹釣り上げて格好はつく。

カサゴ釣りのため移動

そして、下げ潮が速くなりアタリも止まったのでポイント移動となった。

ここも潮は速く、仕掛けが横に走る。底を丁寧に探るとククッとアタり、姿を見せたのはマハタ28cm。小ダイ25cmも1匹上げたが以後はアタリなしで、午前11時になって「カサゴ釣りへ行きます」との案内があり西土合へ移動した。

エサを小ハゼにして再開。水深は46mで、オモリの着底後にイトフケをそのままにして待つと、すぐにククッとカサゴ独特のアタリ。18cmのカサゴが上がる。カサゴは活性が高く、投入ごとにアタリがあるが、16~20cmが多くて少し物足りない感じもある。

しばらくして、ゴンゴンと大きなアタリ。上げる途中も激しく抵抗して、海面に出たのはイネゴチ40cm。その後もカサゴをポツポツ上げて沖上がり時間となった。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。