コマセマダイ釣行で本命27尾 2時間で全員安打!【新潟県・大進丸】

コマセマダイ釣行で本命27尾 2時間で全員安打!【新潟県・大進丸】

最盛期には、水深10mより浅いタナで次々ヒットし、船中100尾以上も珍しくない、新潟・能生のコマセマダイ。現在は、そこまでの大爆釣こそないものの、2~4kg級交じりで、オデコなしとコンスタントに釣れている。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況とタックル

6月5日、大進丸を取材した。釣り人は、埼玉からの4人組と長野からの2人組。

コマセマダイ釣行で本命27尾 2時間で全員安打!【新潟県・大進丸】コマセマダイのタックル例

当日は、狙う予定の釣り場に網が入ってしまったため、そこから近い岩礁帯のポイントへ移動したことが奏功。

2時間で全員安打!

1投目から、左舷大ドモの廿楽さんの竿が海面に突き刺さり、1kg級を上げ、次投でもヒット。

コマセマダイ釣行で本命27尾 2時間で全員安打!【新潟県・大進丸】竿頭の廿楽(つづら)さん

右舷の岡田さんには、竿を伸すばかりの力強さを見せた、黒ずんだオスの1.8kg

船中では次々とマダイがお目見えする。

右舷トモの唐木さんにも1kg級。左舷ミヨシの富岡さんにも1kg級に続き2.9kgと連発だ!

コマセマダイ釣行で本命27尾 2時間で全員安打!【新潟県・大進丸】朝から連発の富岡さん

右舷胴の間の吉岡さんにも2kg超え。出遅れた感のあった安斉さんにも待望のアタリで、1kgオーバー。

朝の2時間で全員安打。

魚に合わせた釣り方を徹底

しかし、9時ごろから勢いは落ち着き、バラシが増えてきた。

ちなみにこの日の指示ダナは20mがメインだが、15mのときがあれば、30mのときもあった。

釣れた魚を見ても、産卵中途のものから、すでに産卵活動を終えたような魚までが混在しており、そのため狙うタナも状況で分けている。

同船では、ハリス5号以上10mを基準にタナが指示され(時期により変わることがあるので事前に要確認)、タナでピタリと止めて、時折竿を上下させて誘う。詳しい釣り方は船長に確認しておくことを勧める。

産卵を意識した魚がおもなので、竿を激しく動かすようなことはNG。魚が神経質になっているので、船長も、極浅場では、ソナーや魚探を止めるほどだ。

仕掛けの装飾で釣果に差

11時ごろ、再び食いが上向き、常連の右舷の2人は絶好調。

2人は、中村英二船長お勧めのビーズやクリスタルなどをチモトに付けた仕掛けを使用。「日が高くなると、こういったものを付けているかいないかで差がつく」と船長。

コマセマダイ釣行で本命27尾 2時間で全員安打!【新潟県・大進丸】岡田さんのハリまわり

朝ほどの食いは持続しないものの2kg超えが多数。

口を使わず、バラシも多く、唇の皮一枚でギリギリフッキングしていた魚も多かった。

コマセマダイ釣行で本命27尾 2時間で全員安打!【新潟県・大進丸】まさに「皮一枚」状態

ショートバイトやバラシ対策に同船では、ヒネリのある13号程度のマダイバリを推奨しているので、ぜひ持参してほしい。

次ページで最終釣果発表!