【響灘】船釣り最新釣果 85cm9kg大ダイに5.3kgタカバなど

好釣果が続く九州は響灘の船釣り。タイラバで88cmの乗っ込みマダイ他、根魚も好調だ。今回は響灘の船釣り釣果速報をまとめて紹介します!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

天力丸

5月26日、北九州若松の脇田漁港の天力丸がアジ泳がせで響灘方面へ出船。当日は良型チカメキントキ、ヒラメ、アコウ、ボッコなどが多彩にヒットして乗船者各自のクーラーを満たす釣果。写真は良型チカメキントキを見事手にした小田さん。ほかにもヒラメ、アコウ、ボッコなどを好釣りしていた。

良型チカキンメ

今後も好ヒット期待十分。また、夜焚きイカ狙い出船開始、いい時期に入り、好乗りが楽しみだ。

▼この船について
天力丸
エリア:北九州エリア
出船港:若松脇田漁港

EBISUYA(エビスヤ)

5月26日、北九州市門司.大里港のEBISUYA(エビスヤ)を利用した船長の弟夫妻はタイラバで響灘沖に出船した。良型のマダイ交えて好ヒット。良型の根魚も追加して好土産を持ち帰っている。

マダイが好調だ!

今後も良型マダイ有望で好釣果が期待大だ。

▼この釣り船ついて
EBISUYA
出船港:門司大里港

PONTOS(ポントス)/幸雅丸

5月26日、北九州市小倉北区高浜港のPONTOS幸雅丸(ポントス)がタイラバ&ライトジギングで響灘方面に出船。

当日は、流し始めからマダイ2~1kgやヤズ5~4kgがタイラバに連発すると、ドラグを引き出す強烈なアタリが乗船者を襲ったが、危なげないファイトで上がってきたのは87cm8kgオーバーの大ダイ。

その後も小型のマダイがよくアタる中、大型アオナやボッコ、レンコ、イトヨリなどこの時期の定番魚種がよく釣れたようだ。

良型マダイ

船長は「大ダイを狙うなら今しかない!」と話す。

▼この船について
PONTOS 幸雅丸
エリア:北九州エリア
出船港:高浜港

Elephant(エレファント)

5月24日、北九州市小倉港のElephant(エレファント)がタイラバで響灘方面に出船。

船中では仕掛けが多数切られながらも、大型マダイ85cm9kgを頭に30尾以上と圧巻の好釣果。ほかにもハマチ6kg頭に20尾以上、アオナ、ボッコ、タカバ、イトヨリ、レンコなどの好ヒットも続き終日忙しい釣りとなったようだ。

85cm9kgのマダイ
▼この釣船について
Elephant
出船場所:小倉港

Trip(トリップ)

5月25日、北九州市戸畑港から案内中のTrip(トリップ)がSLJで響灘方面に出船。この日は、マダイ70cmやイサキ43cmなどを良型が目立つ状況で、ヒラゴやアコウも乗船者らのサオを曲げて楽しませてくれたようだ。

SLJならイサキでもファイトが楽しめる

船長によると「イサキはまだ単発ですが上向き傾向です。6月から昼便はSLJメーン(タイラバ可)、夜便はイカメタルで出船します。」とのこと。

▼この釣船について
Trip
出船場所:戸畑港

金比羅丸

5月25日、北九州市門司港から出船中の金比羅丸は、響灘沖へ五目釣りで出船した。マダイ3kgを頭に5尾やアマダイ45cm、レンコ25尾、イトヨリ20尾と数釣り。アオナなども追加し多彩な釣果を得ている。写真の有門さんも良型マダイを披露してくれた。

良型マダイ多数!

イカも釣れ始め今後のシーズンも期待できる。

▼この船について
金比羅丸/門司
エリア:北九州エリア
出船港:門司港第二船溜り

胡百

5月26日、北九州市小倉港の胡百がアジ泳がせ釣りで響灘方面に出船。この日は、根魚狙いでポイントを流すと写真の釣り人が重量感たっぷりの引きに耐えて、大型タカバ5.3kgを仕留めて釣果を披露してくれた。ほか、船中ではアコウ、ボッコ~アラアブ、ヒラメ、マトウダイなど良型揃いでヒット。豪華土産ができている。

大型タカバ5.3kg

▼この船について
胡百
エリア:北九州エリア
出船港:小倉港

光生丸

5月26日、北九州市若松.北湊の光生丸がスロージギング、SLJ(スーパーライトジギング)、タイラバで響灘方面に出船。序盤はマダイ狙いで食べごろサイズを手堅くキャッチ。潮変わりから根魚狙いでポイントを移動すると、アコウ、ボッコ~アラカブのラッシュに突入し良型揃いで数ヒット。高級魚三昧の好釣果が上がっている。

高級魚ラッシュ継続中
▼この釣船について
光生丸
出船場所:若松・北湊から響灘に出船

祥季丸

5月26日、北九州市門司区.大里港の祥季丸は響灘沖に出船。タイラバでマダイの塩焼きサイズに3~4kg級も多数釣れて好調。良型アマダイやアオナ、イトヨリなども追加して、多彩な釣果をゲットした。今後も好土産楽しみ。

タイラバ好調
▼この釣り船について
祥季丸
出船場所:大里港

亀吉

5月25日、北九州市門司区.大里港の亀吉は、響灘沖にタイラバで出船した。写真の河野さんは、ご覧の良型マダイを見事釣り上げ笑顔で披露してくれた。ほかにもアマダイなど釣れている。

タイラバで良マダイ

今後のサイズアップが楽しみ。タイラバ乗船者受け付け中。詳細はfacebookで。

▼この釣り船について
亀吉

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年6月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。